ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アラバマ・シェイクスの最新作が米ビルボード・アルバム・チャート1位デビュー、フィジカル盤発売でドレイクが4位に浮上

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アラバマ州出身のロックバンド、アラバマ・シェイクスの2ndアルバム『サウンド&カラー』がNo.1デビューを果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 2012年春リリースのデビュー作『ボーイズ&ガールズ』が6位をマークし、ミリオンセールスを記録。華々しいデビューを飾った彼らだが、それから3年のブランクがあったとて、その人気衰えることなく、本作では見事、自身初の首位を獲得した。

 『ボーイズ&ガールズ』がリリースされた翌年の【グラミー賞】(55回)では、新人賞にノミネートされたこともあって、その後ワールドツアーもソールドアウトになるなど、人気・実力を確立し、世界を席巻した。本作ではブレイク・ミルズをプロデューサーに迎え、ブルースやロック、R&Bテイストのサウンドなど、幅広いジャンルのサウンドが繰り広げられ、ヴォーカルのブリタニー・ハワードいわく、“時間をかけて作った”ということもあり、上質なサウンドが楽しめる傑作に仕上がっている。

 2位には主題歌「シー・ユー・アゲイン」が今週も首位をマークした映画『ワイルドスピード スカイミッション』のサントラ盤が続き、3位にはこちらもアラバマ州出身のラッパー、イェラウルフの3rdアルバム『ラヴ・ストーリー』が初登場。前作、『レディオアクティヴ』から約3年半ぶりの新作で、その前作の最高位27位を大きく上回り、初のTOP10入りを果たした。自身の主宰するレーベルからのデビューということもあり、本作にもエミネム氏がゲスト参加しているが、その他のフィーチャリング・アーティストは明記されていない。ここ最近人気をあつめている、90年リバイバル的な黒い、重たいビートとはまた違う、イージーサウンドやメロウ系のナンバーが多く、今大ヒット中のナンバー「シー・ユー・アゲイン」に通ずるものがあり、ラップ慣れしていないリスナーも、聴きやすいアルバムに仕上がっている。

 3位以下では、新作のランクインはなく、安定したセールスを獲得しているアーティストが、停滞、浮上した。4位のドレイク『イフ・ユア・リーディング・ディス・イッツ・トゥ・レイト』は、急遽配信が開始される形でのリリースだったため、これまでのセールスはデジタルセールスのみであったが、パッケージでの販売が開始されたことを受け、パッケージ(CD)セールスが加算され、10位から一気にジャンプした。

 5位の映画『フィフティー・シェイズ・オブ・グレイ』のサントラ盤からは、今週もザ・ウィークエンドが4位、エリー・ゴールディングが6位に、TOP10内同時ランクインを果たしていて、6位のテイラー・スウィフト『1989』は、3rdシングル「スタイル」がヒット中。GWの5日、6日には東京ドームで来日公演が予定されている。

 7位のサム・スミス『イン・ザ・ロンリー・アワー』からは、「レイ・ミー・ダウン」が上昇中で、8位のエド・シーランはシングル「シンキング・アウト・ラウド」が登場30週目に到達するにもかかわらず、TOP10内に停滞する超ロングヒットを記録している。また、10位に返り咲いたメーガン・トレイナーのデビュー作『タイトル』から、3rdシングル「ディア・フューチャー・ハズバンド」が20位にランクアップしていて、アルバムから3曲連続でTOP10入りするか、期待が高まる。

関連記事リンク(外部サイト)

5月9日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
5月9日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
アラバマ・シェイクスが新作ALから新曲「Future People」の音源公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP