ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

androp、全国36都市39公演をまわるライブハウスツアー開幕

DATE:
  • ガジェット通信を≫

androp、全国36都市39公演をまわるライブハウスツアー、one-man live tour“angstrom 0.7 pm”が、昨日神奈川・川崎CLUB CITTA’で行われた初日公演を皮切りに開幕した。

完売となった同公演は、ライブハウスならではの距離感を前に、終始熱気に包まれていた。ベース前田のスラップが会場を貫き、「Boohoo」がツアーの幕開けを告げると、満員のフロアは一気にヒートアップ。この日は久々に披露される楽曲も交えながら、肉迫したバンドのパフォーマンスと、新旧カラフルな楽曲でオーディエンスを次々と巻き込んでいく。

中盤では、まだ音源化されていないという楽曲「Hana」を披露。切々と歌い、言葉を紡いでいく内澤。ライブで歌い継がれてきたこの楽曲に身を委ね、じっと聴き入るオーディエンスからはひときわ温かい歓声が上がっていた。

後半戦、「限界を決めず、前向きに生きて欲しい」との願いを込めたという「Run」では、オーディエンスとともに大合唱が巻き起こり、フロアとステージが完全に一体化。さらに、「最高の曲を聴いてください!」と告げ、今放送中の三ツ矢サイダー新TVCMソング「Yeah! Yeah! Yeah!」をツアー初披露。これまた音源化されていない新曲にも関わらず、バンドから放たれる熱量に呼応するかのように、楽しそうに歌い、踊るフロアを見て、新たなアンセムの誕生を予感せずにはいられない。

アンコールで披露した「MirrorDance」で「やっぱりお前らが好きだ!」と内澤が叫んでいたように、今一度ライブハウスという原点に立ち返り、ファンと真摯にコミュニケーションをとろうとするその姿がとても印象的だった。最後に「ツアー行ってきます!」と言葉を残してステージを去っていった彼ら。ここから始まるロングツアーの先にある”androp”が、またどんな景色を見せてくれるのか、とても楽しみだ。

毎回セットリストはアレンジされていくとのこと。各都市各会場ならではの楽しみ方を見つけてみよう。

Photo by 今元秀明

関連リンク

androp オフィシャルサイトhttp://www.androp.jp/(PC/iPhone&smart phone/mobile共通)
androp レーベルサイトhttp://wmg.jp/artist/androp/
androp YouTubeチャンネルhttp://www.youtube.com/user/andropmusic
androp オフィシャルTwitter@androp_official

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP