体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超大型サイクロンに被災した僕が、それでもバヌアツ暮らしをオススメする「10のワケ」

150430_banuatsu3

ここでは、TABI LABOアンバサダーで、バヌアツ共和国に住んでいるホリイケさんからの寄稿記事をご紹介します。

現地に家族と一緒に暮らしている、彼が語った「バヌアツ暮らしをオススメする10の理由」。そこには、私たちが知らない魅力がたくさん詰まっていました。

先月、南太平洋史上最大のサイクロンがバヌアツ共和国を直撃しました。中心気圧896hPa。最大瞬間風速は90m超。家々の屋根は吹き飛ばされ、木々は薙ぎ倒され、ライフラインも断絶。首都ポートビラは壊滅的なダメージを被りました。

僕は、第三子の誕生に合わせて勤めている会社を2年間育児休職しました。そして家族でバヌアツに引っ越してきて、ここで子育てをしています。サイクロンに被災し、18日間も電気がない生活を余儀なくされ大変な思いもしましたが、それでも皆さんにバヌアツに滞在してみる事をお勧めします。

なぜならば、バヌアツは密かなロングステイ天国だからです。

01.
白いビーチに、透き通る海
リゾート感抜群

th_banuatu8 th_banuatu1

見よ!この綺麗な海を!真っ白なビーチに美しいサンゴ礁。ダイビングやスノケーリングが好きな方なら、バヌアツは必ず訪れるべき場所です。

マグマが噴出する活火山の火口に近付いたり、ジュゴンと泳いだり、カスタムダンスを披露してくれる村を訪れたり。豊富なアクティビティとワイルドで手つかずの大自然を堪能できます。

日本での海外旅行先としての知名度は高くありませんが、洗練されたブティックリゾートホテルが数多くあり、オーストラリアやニュージーランド、フランスなどのヨーロッパ諸国からは観光客を惹きつけてやみません。

02.
プール付きの家も手に入る!
素晴らしい住環境

th_banuatu3

首都のダウンタウンから車で10分ほど走るだけで、素晴らしい庭付き一戸建ての住環境が得られます。

外国人向け住宅の平均的な家賃帯は10万円~20万円ほど。30万円払えるなら超豪邸に住むことも可能です。決して安くはありませんが、日本と比べようもないぐらい広々しています。ただ庭が広いだけではありません。高台からジャングルとラグーンの絶景を拝める家。プール付きの家。ビーチフロントの家。趣味嗜好に合わせてお好きな家を選ぶことができます。

考えてみてください。首都のダウンタウンからたったの10分ほどで、プライベートビーチが付いている家に住める国なんて他にありますか?

03.
蛇口を開けば
水道水が飲める

水源が豊富にあって、水道水も飲めます。日本で暮らしていると当たり前の事ですが、海外に出るとこれがどれだけ希有な事か気づかされます。サイクロン被災後も水道は半日ほどで全て復旧しました。

水道が安全だという事は、食の安全にも繋がります。街の大衆食堂で食事をして、腹を下した。そんなリスクもほとんどありません。水洗トイレがいつでも使える環境は、衛生面を考えるととっても安心なのです。

04.
一人で歩いても安心
治安がよい

南太平洋の島国の中でも、バヌアツは特に治安がよい国として有名です。

夜に外出しても大丈夫ですし、強盗や殺人なんてほとんど起こりません。ましてやテロなんて考えられません。泥棒はたまにあるようですが、住む場所や戸締まりに気をつければ問題がない程度だと思います。僕は門も塀もない家に1年ほど住んでいますが、泥棒が入ったり恐い思いをした事は一度もありません。

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。