ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松岡修造 幼少期から通うパワースポットは赤坂の日枝神社

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 自身が歌・作詞を担当した応援ソングがネット配信開始わずか2週間で1000万回を超える再生回数を記録、今年の「新入社員の理想の上司」でも1位に輝くなど、とどまるところを知らない“松岡修造(47才)フィーバー”。

 85万部を突破した日めくりカレンダー『まいにち、修造!』では、日々、熱~いメッセージで、多くの人々に元気、勇気を与えているが、そんな彼がパワーを充電するためにお忍びで通っている場所があった。

 それは都内でも有数のパワースポットである東京・赤坂の日枝神社だ。江戸時代、幕府の守護神社として徳川家や諸大名が足繁く祈祷に訪れたという歴史ある同神社は、商売繁盛、厄除け、縁結び、安産、子宝のご利益があると伝えられている。

「修造さんは小さい頃から日枝神社に通っています。七五三もここでお祝いしていますし、中学生の頃には、神社の駐車場でテニスの素振りをするなど練習をしていたそうです。大事な試合の前には必勝祈願なども行っていたようですよ」(同神社関係者)

 1998年4月、元テレビ東京アナウンサーの妻・惠美子さん(49才)と挙式したのも日枝神社だった。

「今でも時間を見つけてはお参りにきてくださっています。おひとりのときもあれば、2人のお子さんも一緒のときもありますね」(前出・同神社関係者)

※女性セブン2015年5月14・21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「神宮」と「大社」の違いは? 神宮は天皇を祀る神社が多い
はずれ宝くじを供養して金運アップ 1等1億円当選した人も
長嶋茂雄救った京都の神社が檀れいと及川光博の結婚を後押し

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。