ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マンウィズ ツアー初日でサプライズ連発、ブンブンとコラボでリミックス再現

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マンウィズ ツアー初日でサプライズ連発、ブンブンとコラボでリミックス再現

4月30日、MAN WITH A MISSIONのライブハウスツアーがZepp Tokyo公演で幕を開けた。

“Seven Deadly Sins TOUR 2015〜七つの対バン〜”と銘打たれた今回のツアー。その名の通り7バンドとの対バンで全国を回って行く初日の東京公演は、BOOM BOOM SATELLITESとの対バンとあって、会場はのっけから熱気に包まれる。

BOOM BOOM SATELLITESは、過去作品の名曲と最新アルバム「SHINE LIKE A BILLION SUNS」からの新曲を巧みに織り交ぜ、ダンサブルかつアグレッシブなライブを披露。メンバーが「フィジカル重視なステージに」と公言していた通り、いつもに増して、川島・中野がステージ上を動き回り、巧みに客席を煽る姿が印象的だった。それに応えるように、フロアは狂喜乱舞。圧巻のパフォーマンスとなった。

極めつけは、川島の「今日は、俺たちBOOM BOOM SATELLITESとMAN WITH A MISSIONからプレゼントを用意してきました」の一言と共に、なんとMAN WITH A MISSIONのTOKYO TANAKAとJean-Ken Johnnyが登場。MAN WITH A MISSION最新シングル「Seven Deadly Sins」にも収録されている「evils fall [remix]」(remixed by BOOM BOOM SATELLITES)が再現披露されるというスペシャルな演出が実現した。

今回のツアーは発表後全公演即日完売で、このプレミアチケットを手に入れられたファンにとっては、この思わぬコラボパフォーマンスは最高の贈り物になったようで、会場からはどよめきと大きな歓声が起こっていた。

MAN WITH A MISSIONのステージでは、最新シングル「Seven Deadly Sins」はもちろんのこと、5月30日公開の映画『新宿スワン』の主題歌となり世を賑わせている「Dive」も演奏されるなど、ツアー初日を心待ちにし楽しみにしていたファン3,000人が終始熱狂と歓声を上げる、というある種異様とも言えるとても印象的なステージとなった。

アンコール前には突如としてスクリーンに映像が映し出され、今年6月にアメリカパンクロック界の雄 RISE AGAINSTと共に、MAN WITH A MISSIONにとって2年ぶりのヨーロッパツアーを敢行することが明らかになったことに加え、10月16日にZebraheadをゲストに迎えた、埼玉・さいたまスーパーアリーナ公演を行うことが発表された。この2大発表に会場は驚きと喜びから、かなりの盛り上がりをみせた。

なお、”Seven Deadly Sins TOUR 2015〜七つの対バン〜は、東京を皮切りに5月末まで7カ所14公演を展開、東京公演2日目にはThe HIATUSとの対バンが決定している。5月20日には、ZebraheadとのスプリットEP「Out of Control」もリリースされる。

関連リンク

MAN WITH A MISSION オフィシャルサイトhttp://www.mwamjapan.info/
MAN WITH A MISSION ソニーミュージックアーティストページhttp://www.sonymusic.co.jp/artist/manwithamission/
MAN WITH A MISSION Twitter
 @mwamjapan
 @mwaminfo029

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。