ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハイヤー配車サービス「Uber」が日本でもGoogleマップから呼び出し可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハイヤー配車サービス「Uber」と Google マップのモバイルアプリが連携し、国内でも Google マップから Uber のハイヤーを呼べるようになりました。Uber は国内では都内とその近郊で提供されており、サービスエリア内において Google マップでルートを検索すると、Uber が移動手段として表示されるようになったほか、そのまま Google マップから Uber BLACK の配車も容易に行えます。この機能は昨年 5 月より米国では提供されており、それが日本でも利用できるようになったことになります。Uber を利用した場合のルート検索結果内には、目的地までの所要時間、お迎えまでの時間、見積もり料金が表示され、Uber オプションをタップすると、別途インストールした Uber アプリが起動して、送迎場所がアプリ内に表示されるので、後は Uber アプリで行うように注文手続きを済ませます。


(juggly.cn)記事関連リンク
ASUS、新型スマートウォッチ「VivoWatch」を台湾で発表、5月8日に発売
Google、毎月の使用量や請求金額を確認できる「Project Fi」のAndroidアプリをリリース
ZTEの新型スマートフォン「Nubia Z9(NX508J)」が中国で認証を取得

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP