体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[PR]アプリ『UTme!』で自分の作ったTシャツを売ることが可能に! 田辺誠一画伯デザイン”もっちー”スタンプも登場

utme_20150501_01

ユニクロが2014年5月にサービスを開始した、スマートフォンで誰でも簡単にオリジナルTシャツを作ることができる『UTme!』。2015年4月28日からは、アプリ上でデザインしたTシャツを販売可能な新サービス『UTme!マーケット』もスタート。ボディカラーやエフェクト、スタンプのバリエーションも追加されており、より自由度の高いデザインを楽しむことができるようになっています。

utme_20150501_02

「自分の個性を表現し、多くの人に発信できる自己表現の場としてほしい。購入者にとっても選べるデザインが無限大になる」(ユニクロ・グローバルマーケティング部プロジェクトリーダー松沼礼氏)という『UTme!』。

ユーザーがデザインしたTシャツやトートバッグを『UTme!マーケット』に出品して販売した場合、他のユーザーが購入すると1枚につき300円(税別・源泉税込み)がデザイン費として支払われます。2015年6月には、お気に入りのアイテムやデザイナーをフォローする機能も公開予定にになっており、人気の高いデザインはランキング表示などでサイト上の目立つ位置で表示されるので、「買ってもらうことで自己表現が広がる」(松沼氏)だけでなく、数が売れて一攫千金も夢ではないかも。

また、今回のアプリの刷新で、Tシャツのボディタイプがメンズとキッズに加えて、ウィメンズも選択可能に。ボディカラーも従来はホワイトのみだったものが、ブラックとネイビーが追加され、エフェクトにもMoMAと共同で開発したアーティスティックな加工ができるパターンも2つ追加されています。アート好きとしては試してみたいところです。

実際に『UTme!』デザインしてみた

utme_20150501_03

新サービスの体験会では、実際に使ってみることもできました。任意の画像(PICTURE)やお絵かき(PAINT)もありますが、やはり一番手軽なのはテキスト(TEXT)でしょう。文字の色を選んで、打ち込んでいきます。

utme_20150501_04

アレコレ試してみたのですが、結局フツーに赤文字で「GETNEWS ガジェ通 参上」としてみました。ただ、なんだか味気がない……。こんなので出品したとしても売れるとは思えないっ……!

utme_20150501_05

そこで出番がやってくるのがエフェクト。特に、スマホやタブレットを振ったり、画面を指先でこすることによって自動的に様々なデザインにしてくれる機能も実装されています。

utme_20150501_06
1 2次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。