ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

菅長官 「粛々は上から目線」との批判に「粛々に失礼だろう」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨年12月の解散総選挙前、TBS『NEWS23』が「景気が良くなったとは思わない」と実感を語る街頭インタビューを放送したことに、生出演した安倍晋三首相が「おかしいじゃないですか」と食ってかかった。この件は、自民党が民放5社に文書を出すなど、一連のテレビ弾圧のきっかけとなった。

 こうした姿勢は菅義偉・官房長官も同じだ。テレビ朝日で元経産官僚・古賀茂明氏の政権圧力発言をしたが、菅氏は古賀発言について「公共の電波を使った行動として、極めて不適切。放送法という法律があるので、テレビ局の対応を見守る」と語り、免許取り消し規定がある放送法をチラつかせた。

 公の発言だけではない。これまでもオフレコでメディアを牽制してきた。政治資金スキャンダルで西川公也・農水相が辞任し、続いて上川陽子・法相や望月義夫・環境相の補助金受給企業献金問題が国会で追及される前日(2月26日)、菅氏は記者団とのぶら下がり懇談でこうクギを差した。

「補助金だろ。新聞が(野党にネタを)教えてくれるんでしょ。裏のカネはまずいけど、表なんだから(問題はない)。西川は突っぱねればよかったけど、ひどいよね、ずっと家の周りを(マスコミが)囲んでいたんでしょ。床屋に行けずに秘書に切ってもらったらしい」

 この逆批判に恐れをなしたのか、メディアの追及トーンは尻すぼみになった。また、菅氏は翁長(おなが)雄志・沖縄県知事との会談(4月5日)の際、「米軍基地建設は粛々と進める」という自らの発言を「上から目線」と批判され、「不快な印象を与えたということであれば、粛々という表現は使うべきではない」と一見、低姿勢を示した。ところが、翌日のオフ懇(オフ・ザ・レコード〈無記録〉懇談会)では逆に開き直っていた。

「そもそも(粛々という言葉を)『上から目線』というのがおかしいだろ。『粛々』に失礼だろう」

 これも新聞は報じなかったどころか、一部紙は政府の側に立って翁長批判を展開したのである。

※週刊ポスト2015年5月8・15日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
菅首相の在日韓国人からの違法献金、原発対応に元師匠が苦言
佐々淳行氏「菅氏は学生運動時代攻撃に弱く逃げ足速かった」
菅官房長官 「粛々と」封印は反省したからではなく票のため

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP