体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

20代の若者に贈る。これからの時代を生き抜くために心得ておくべき「10のコト」

150302_trigger-phrase-vol-7 本田直之

本田 直之

レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長

一年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなど旅しながら仕事と遊びの垣根のないライフスタイルを送る。明治大学商学部産業経営学科卒業。アメリカ国際経営大学院サンダーバード校経営学修士(MBA)。(社)日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー。著書には、ベストセラーとなったレバレッジシリーズ(東洋経済新報社)、『LESS IS MORE 自由に生きるために、幸せについて考えてみた』(ダイヤモンド社)、『ゆるい生き方 〜ストレスフリーな人生を手に入れる60の習慣〜』(大和書房)、『本田直之のハワイを極める50の法則』(エイ出版社) など、累計250万部を超える。

言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。

今回紹介する『トリガー・フレーズ 自分にスイッチを入れる170の言葉』は、そんな、自ら動き出すきっかけとなるようなコトバを集めた書籍だ。

Vol.7では「プライベートと未来をつくる言葉」から、よりよい未来に必要な、意思決定とお金にまるわるトリガー・フレーズをピックアップ。

意思決定力を鍛えるには、メンタル・タフネスを備え、正しい判断力を持ち、ちょっとした「考え方のコツ」を知ることが大切だ。

 01.

性格は変えられないが
考え方は変えられる

意志が弱い、物事を決められない。そんな人でも、意思決定力を強くすることはできる。毎日、小さなことでも意思決定するトレーニングを繰り返す。そうやって意思決定することに慣れ、力を蓄えるのだ。性格を変えることはなかなかできないが、思考のクセや考え方は、直そうと思えばその瞬間から変えられる。

02.

物事の先送りは借金と同じ

triggerphrase

決断しなくてはならない局面がきたら、100%正しいと確信が持てなくてもその場で決断するべき。先延ばしにすると、面倒なことは雪だるま式に大きくなって、手に負えなくなってしまう。それは借金をしたままぐずぐずしていたために、利子が増えて返せなくなっしまうのに似ている。

03.

仕事に精を出すのは結構なことだが、それが「会社に精を出す」という状態になってはいけない

仕事が変わる、会社が変わる、住む場所が変わる。何があっても変わらない「自分の軸」をつくっておけば、ほかの何が変わっても大丈夫。そのためには、会社という組織に縛られない、自分の軸足となるライフスタイルを確保しておくことだ。

04.

最悪の意思決定は
「出来ない」というあきらめ

triggerphrase

「できない」と言って動かないでいるのでは、何も変わらない。「できない」と思うこともあなたの意思決定だが、あなたが「できる」と信じて動き始めなければ、できるはずのこともできないまま。

05.

「見込み6割」で意思決定し
残り4割は行動しながらカバーする

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。