ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【深い】年老いた父親に、腹が立ち激怒する息子。その瞬間、父親がとった意外な行動とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

親が年をとり、その言動についイライラしてしまう人も多いのではないでしょうか。何で分からないんだ、なぜ何度も言わなきゃいけないんだ…。

でも、あなたが子どもの時のことを思い出してください。一人前の大人になるまでに、親はもっと大変な思いをしてきたかもしれません。ここで紹介する映像は、つい忘れてしまいがちな親への感謝を思い出させてくれます。

Reference : Sam Howzit

Reference : Chris Marchan

とある昼下がり、初老の父と息子は庭のベンチに座っています。すると、一羽のスズメが彼らの前に現れました。

「あれは何だ?」と聞く父に、息子は始め「スズメだよ」と答えました。そのスズメが移動するたびに、父は何度も何度も「あれは何?」と尋ねました。

ついに息子はしびれを切らし、どなってしまいます…。しかしその後、父がした行動に思わずハッとさせられるのです。

息子から怒鳴りつけられた父は、静かに家に入り、何かを手にして戻ってきました。日記帳のようなものをめくり、あるページを開き息子に読むように促します。そして、息子は静かに読み始めたのです。

今日、3歳になったばかりの幼い息子と公園のベンチに座っていると、目の前にスズメが現れた。

息子は21回、あれは何?と私に尋ねた。私は21回「あれはスズメだよ」と答えた。

すごく愛しくて、私はそのたびに息子を抱きしめた。決して腹を立てずに、優しい気持ちで何度も何度も・・・。

読み終えた息子は、父を強く抱きしめました。

実はこの動画、Youtubeで400万回以上再生され、多くの人に共感されているものです。ついつい声を荒げてしまう前に、あなたが子どものころに両親がしてくれたことを思い出してください。両親が年老いたときに、彼らがしてくれたことをちゃんと返せていますか?

どれだけ両親があなたを愛し、根気強く大切に育ててきたか。どんなに変わっても、かけがえのない自分の両親なのですから…。

Reference:Constantin Pilavios

関連記事リンク(外部サイト)

生後10日で、脳卒中になった息子が教えてくれたコト。「ないもの」をねだるより、今あるものをどれだけ大切にできるか?
【世界中が絶賛!】死ぬ前に、どこへ行きたいですか?最後の願いを叶える「奇跡の救急車」
「僕は、僕のままでいい」。生まれつき両手足のないニック・ブイチチさんが語る、ポジティブな人生を送る「8つの法則」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP