ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【先ヨミ】浜田省吾 10年ぶりのオリジナル・アルバムがトップを独走、洋楽アルバムも健闘中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SoundScan JapanによるCDアルバム売上レポートから4月27日~29日までの集計が明らかとなり、4月29日リリースの浜田省吾『Journey of a Songwriter ~ 旅するソングライター』が他のタイトルを大きく引き離し首位となっている。

 『Journey of a Songwriter ~ 旅するソングライター』は、浜田省吾の10年ぶりのオリジナル・アルバムで、全17トラック、収録時間75分を超える大作。<完全生産限定盤><期間生産限定盤><通常盤><完全生産限定アナログ盤>の4形態が用意されている。

 2位には、ロングセールス中のサザンオールスターズ『葡萄』。英バンド、ホワイトスネイクによるディープ・パープルのカバーアルバム「ザ・パープル・アルバム」が3位にランクイン。4位には、映画『ワイルド・スピード スカイミッション』のオリジナル・サウンドトラック。先週1位のジャニーズWEST『パリピポ』は、5位にランクダウンしている。

◎SoundScan Japanアルバムセールス集計速報
(2015年4月27日から29日までの集計)
1位:浜田省吾『Journey of a Songwriter ~ 旅するソングライター』
2位:サザンオールスターズ『葡萄』
3位:ホワイトスネイク『ザ・パープル・アルバム』
4位:サウンドトラック『ワイルド・スピード スカイミッション オリジナル・サウンドトラック』
5位:ジャニーズWEST『パリピポ』

関連記事リンク(外部サイト)

ViViD解散「そして、またいつか。。。。今日を乗り越えて、明日へ進もう」
La PomPon「秘密結社 鷹の爪」戦闘主任・吉田くんと共演&定期公演決定
国民的美少女アイドルグループX21 今後の目標語る「夢はでっかくドームツアー!」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP