ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

注目の燃料電池車 再生エネルギーを使えば環境負荷はほぼゼロ 

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 燃料電池自動車(FCV)の登場で注目を浴びる水素エネルギーだが、どんな可能性を秘め、どんな課題を抱えているのか。そもそも、いかなる原理なのか。

 中学校の理科では、水を電気分解すると水素と酸素ができることを習うが、燃料電池はその逆で、水素と空気中の酸素を反応させて電気エネルギーを得る発電機である。燃料電池車(FCV)はこの燃料電池で発電してモーターを回して走るしくみだ。FCVから排出されるのは、水素と酸素が反応してできる水だけで、排ガスを出さないクリーンなクルマである。

 メディアなどでFCVは排ガスを出さない「究極のエコカー」と呼ばれている。しかし、燃料となる水素は現状では天然ガスや石油、石炭などの化石燃料から製造しているので、製造時にCO2(二酸化炭素)が出る。

 FCVは本当にエコなのか。環境問題が専門の安井至・東大名誉教授に尋ねた。

「水素の作り方によってFCVの環境負荷は大きく変わります。現状でCO2排出がもっとも少ないのが天然ガスから水素を作る場合で、トータルで比較するとハイブリッド車と同程度。石炭から作るとガソリン車より悪くなります」

 ハイブリッド車と同程度なら、わざわざFCVを普及させる必要はないのではないかとの疑問も湧く。

「将来的に、火力発電ではなく、太陽光や風力などの再生可能エネルギー(再生エネ)で水を電気分解して水素を作るようになれば、環境負荷をほぼゼロにできる。また、化石燃料から水素を製造する場合も、CO2を地中に埋めて大気中に出さない技術が導入されるでしょう」(安井名誉教授)

 ただ、水素は製造法によって価格に差が出る。再生エネで作った水素は非常に高コストで、安価な石炭から作ったほうが安くつくが、それではCO2が大量に出る。製鉄所などで鉄鋼生産の副生成物として出る水素(副生水素)も石炭由来だ。インフラをうまく設計しないと、かえってCO2排出が増えかねず、逆効果になってしまう。

※SAPIO2015年5月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【東京モーターショー】トヨタ究極の燃料電池車と二の腕美女
株式市場の最有力テーマ 水素燃料電池関連の注目株4を厳選
今後1年で株価6倍に上昇する可能性秘めた水素関連銘柄とは

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。