体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「こどものきもち」 Vol.2 渡辺俊美(TOKYO No.1 SOULSET)

toshimi1

悩みがなかった子どもの頃に戻りたい」なんて台詞をよく聞くけれど、子ども時代にも悩みはもちろんあったのを大人になって忘れているだけだと思う。小さいながらにプライドも心配かけたくないという想いもあって、誰にも相談できないこともあるかもしれない。子どもに笑顔で過ごしてもらうにはどうしたらいいのか。全6回にわたり、子どもを持つ親であるクリエイターに登場してもらい、日頃どんな風に子どもと接しているか、親子関係で大切にしていることなどを語ってもらう本連載。第2回目にはミュージシャン、渡辺俊美が登場。TOKYO No.1 SOULSETのシンガー、ギタリストとして、ソロやプロデューサー、ファッションブランド「DOARAT」のディレクターなど多岐に渡る活動を繰り広げながら、著書『 461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』で 息子のために作り続けたお弁当とエピソードを紹介。“食”で繋がる親子の関係を描いた渡辺に改めて話を聞いた。

 

——『 461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』を読んで、息子さんと本当にいい関係を築かれているなあと思いました。はじめから積極的に育児されていたんですか。

渡辺俊美「息子が産まれたのはもう20年も前なんだけど、当時はできちゃった結婚というのもあり、子どもをもつということに対して素人でしたから、どれが正解なんだろうって思いながらやってましたね。親になる人は、みんなそうだと思うけど。それでも自分では、子煩悩だったと思います。保育園の送り迎えもしたし、小学校はPTAの活動を積極的にやって、小学校4年のときは“オヤジの会”っていうのを作って。小学校の朝礼でギター持って歌ったりもしましたね」

——それはすごい! 

渡辺俊美「男の子は小学4年にもなると血気盛んで、だんだん悪いことも覚えてくるんで、オヤジが学校に来てるだけでちょっと違うんじゃないかと思って。そういえば先日、大学生になった息子の同級生たちが僕のイベントに遊びにきたんだけど、“あのときおもしろかったね”って話になって。“トーイのパパがきて、サンタの格好してさ”みたいな(笑)。ああ、子どもの記憶に残ってるんだなって思いました」

 

toshimi6

 

——子育てをイベントにしちゃうのが俊美さんらしいですね。

渡辺俊美「そうそう、パーティにしちゃうっていうね(笑)。夜は仕事でいなかったりするけど、少なからず自分にできることは積極的にやったと思います。あと、うちはゲームやってもOKだったので、友だちがよく遊びにきましたね。それでずーっとゲームやってるから、『今日天気いいぞ、外行ってこーい』って声かけたり。意外とよく叱っていたような気もします。挨拶がなかったら、もういちど玄関から入れなおしたりとか。一方で、ごはんやおやつは作ったりしていたので、ただのうるさいオヤジではなかったように思います」

——子どもができて、ごはんの内容は変わりました?

渡辺俊美「いや、やっぱり自分がうまいと思ったものを提供しますね。あと、息子と『美味しんぼ』や『ザ・シェフ』を一緒に読んで、食に興味をもたせるっていうことをしました。僕は食べることが好きだから、早く一緒に外食したかったんですよね。コミュニケーションのツールとして、マンガとか共有できるものがあると会話が生まれるからいいと思う。いまなら『孤独のグルメ』とか、いろいろあるしね」

——親子で一緒に遊んでる感じがいいですね。

渡辺俊美「それは僕じゃなくて、息子が親に順応してくれたっていうのが大きいですね。僕は普通の職業ではないし、どうしても不規則な生活になっちゃうけど、“普通の親は……”とか思わないでいてくれた息子に感謝です」

——子育てするうえで心がけたことはありますか? 

渡辺俊美「そうだなあ……やっぱり、離婚するときに息子が僕についてきた一番の理由は、食べ物だと思うなあ。『パパの作ったものはおいしい』って子どもが信用してくれてるんだと思います。食育は大事ですね。親が『今日はこれだよ』って出して、子どもは出されたものを全部食べる。『これは何入れたの?』とか、そんな会話は日々してますね」

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。