ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Huawei、64btiプロセッサを搭載したエントリーモデル「Honor 4C」を中国で発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Huawei が中国で Honor ブランドの新型スマートフォン「Honor 4C」を発表しました。Honor 4C は、現地で 799 元(約 15,000 円)で販売される低価格な 5 インチスマートフォン。昨年発売された Honor 3C の後継となっており、新モデルでは、筐体デザインを Huawei P8 風に刷新したほか、スペックも全体的に引き上げています。また、FDD-LTE / TD-LTE、デュアル SIM にも対応しています。Honor 4C の主要スペックは、5 インチ 1,280 × 720 ピクセルの液晶ディスプレイ、64bit 対応の Kirin 620 1.2GHz オクタコアプロセッサ、2GB RAM、8GB ROM、Micro SD カードスロット、背面に F2.0 レンズを備えた 1,300 万画素カメラ、前面に 500 万画素カメラ、2,550mAh バッテリーなどを搭載。OS は Android 4.4(KitKat)で、UX バージョンは Emotion UI 3.0 です。Honor 4C は中国で 5 月 7 日に発売される予定です。まずは中国で発売されますが、他の国での発売予定は発表されていません。Source : Vmall


(juggly.cn)記事関連リンク
Qualcomm、LG G4にSnapdragon 808 with X10 LTEが採用されたことを発表
TAG HeuerのAndroid Wearスマートウォッチは11月頃に$1,400程度で発売される予定
Nokia、Android 5.0.2を搭載したタブレット「Nokia N1」の台湾投入を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。