ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

次男を亡くしたオダギリジョーと香椎由宇 その慟哭の一週間

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 新緑も芽吹き、関東一帯に快晴の空が広がった4月22日の昼下がり。多摩川にほど近い都内の高級マンションに一台のワゴン車が止まった。車を降りた初老の女性は、両手いっぱいに白い菊の花を抱え、うつむきながらマンションへ入って行く。その後も喪服姿の弔問客や葬儀業者の慌ただしい出入りが続いた。

 この日、同マンションに住むオダギリジョー(39才)と香椎由宇(28才)夫妻の次男・Aちゃん(享年1)の通夜が、自宅の一室でひっそりと営まれていた。

「お子さんの亡骸を前にして、香椎さんもオダギリさんも憔悴しきっていて…。あまりにやつれきったふたりの姿に、親族も声をかけることさえできずにいました…」(オダギリの知人)

 ふたりの所属事務所が、次男の急逝を公表したのは、4月24日午後7時のこと。《1才9日という短い命ではありましたが、生前の御厚詛を深謝し、謹んでご通知申し上げます》。4月20日、絞扼性(こうやくせい)イレウスによって亡くなったとだけ記され、詳細は明らかにされなかったが、オダギリ・香椎夫婦は慟哭の1週間を過ごしていた。

 香椎が次男の異変に気づいたのは、1才の誕生日の翌日となる、4月12日の早朝のことだった。

「その日、Aちゃんは朝から苦しそうで、便の様子もおかしかったので、香椎さんが病院に連れて行ったところ、絞扼性イレウスと診断されたんです。すぐに入院して、14日に緊急手術が行われました」(香椎の知人)

 絞扼性イレウスとは、腸がねじれて締まった状態になり、血流が止まってしまう腸閉塞の一種。放置すれば腸が壊死して死に至るため、治療には外科手術が必要だ。

 小さな体にメスを入れる──あまりにもつらい選択だった。そして、術後6日目の20日に容体が急変。同午前6時、息を引き取った。

「オダギリさんは、入院当初は香椎さんと一緒にAちゃんに付き添っていたんですが、19日からはドラマのロケ撮影のため、山形県に行っていたんです。容体が急変したという知らせを受けて、急遽東京に戻ってきたものの、病室に着いた時には、もう息子さんの体は冷たくなっていて…。ベッドの脇で、最期を看取った香椎さんは抜け殻のようになっていたそうです」(前出・香椎の知人)

 病室にはふたりの親も駆けつけていたが、みな言葉すら発せぬまま、無慈悲な運命に打ちひしがれていたという。

「自宅のマンションの部屋中に飾り付けをして、家族みんなでAちゃんの1才の誕生日を祝ったばかりだったんです…。5月5日には端午の節句も控えていたのに…。4月21日にAちゃんが無言の帰宅をしてからは、香椎さんもオダギリさんも、24時間ずっとAちゃんの側から離れませんでした。最後の親子の時間を、噛みしめるように過ごしていました」(前出・オダギリの知人)

 通夜の翌日、自宅マンションに到着した霊柩車に、家族の手によって、たった90cmほどの小さな白木の柩が運び込まれた。

 次男の亡骸は東京・品川区の桐ヶ谷斎場に運ばれ、荼毘に付された。火葬中の40分間、控室で待機していた家族は、みな無言だった。だが、4才の長男だけは無邪気な様子を見せていたという。

「どこまで弟の死を理解していたのかはわかりません。でも、この日の夜、Aちゃんと一緒に過ごしていた子供部屋で、兄弟揃って大好きだったアニメを静かに繰り返し見続けていたそうです。そんな長男の姿を見て、香椎さんは涙が止まらなかったそうです」(前出・香椎の知人)

※女性セブン2015年5月14・21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
香椎由宇 オダギリジョーと離れ子と沖縄転居、放射能原因か
イチローが使い続けるバットの原木にまつわる悲惨な現実
久しぶりに会ったYURI 僕にとびっきりの笑顔を見せてくれた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP