ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シシド・カフカ 斉藤和義とコラボしたドラマ主題歌「Don’t be love」の配信をスタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫
シシド・カフカ 斉藤和義とコラボしたドラマ主題歌「Don’t be love」の配信をスタート

 シシド・カフカが6月17日にリリースするミニ・アルバム『K5(Kの累乗)』の収録曲「Don’t be love feat.斉藤和義」をパッケージリリースに先駆けて楽曲の配信をスタートさせた。

 『K5(Kの累乗)』は個性溢れるアーティストたちをフィーチャリングしたセッション・ミニアルバムで、参加ミュージシャンは斉藤和義とRIZE、DragonAshのベーシストとして活躍するKenKenが発表されている。

 この度配信がスタートした「Don’t be love feat.斉藤和義」はフジテレビ系ドラマ木曜劇場『医師たちの恋愛事情』の主題歌として起用。先日解禁された斉藤和義と共演したMVはYouTubeで早くも15万再生を突破している。

 また、6月17日のリリース当日にはTSUTAYA O-WESTでのレコ発ワンマンライブも決定。4月23日~5月10日の期間、タワーレコード渋谷・新宿店にて『K5(Kの累乗)』の予約者を対象に抽選でライブ招待を実施するという特典も発表されている。

◎リリース情報
『K5(Kの累乗)』
2015/06/17 RELEASE
<CD+DVD>AVCD-93151/B 2,800円(tax out.)
<CD ONLY>AVCD-93152 1,800円(tax out.)

◎公演情報
【シシド・カフカ Session Mini Album「K5(Kの累乗)」リリース記念ライブ『フミコム』 】
2015年6月17日(水)東京・TSUTAYA O-WEST

関連記事リンク(外部サイト)

シシド・カフカ 斉藤和義/KenKenら参加のセッションミニアルバム発売決定
シシド・カフカ ドラマ『医師たちの恋愛事情』主題歌MVで斉藤和義と共演
シシド・カフカ『医師たちの恋愛事情』主題歌「Don’t be love feat.斉藤和義」本日一斉解禁&最新ビジュアル公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。