ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Wi-Fiスポットを利用して、行楽地の通信を快適に!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ゴールデンウィーク楽しんでますか?テーマパークに海、ドライブ、夏フェスと、色々な場所に足を運んでレジャーを楽しみたいもの。しかしながら、そんな出先で「なんだか通信遅いなぁ~」と感じたことはありませんか?
電波状況は良いのに、通信が妙に遅い。それは、あまりに人が集中しすぎてパケットが混雑している証拠なのです。楽しいイベントをSNSに投稿しようにも、更新が遅いとストレスが溜まってしまいますよね?
そんなときに使いたいのが「Wi-Fiスポット」。大手ケータイキャリアはWi-Fiスポットを用意していますが、格安SIMだってWi-Fiスポット付き契約があります。

 

「Wi-Fiスポット」を使うメリット

混雑している観光地で快適な通信ができるWi-Fiスポット。メリットはそれだけではありません。

・高速データ通信量を消費しない … いくら通信してもパケットは増えず、通信の量節約が可能。
・まわりが混雑していても快適通信 … 安定した通信速度が期待できます。
・大容量データ通信ができる … 容量の大きなアプリの更新や動画のダウンロードも可能。
・バッテリー持ちが良くなる … 不安定なパケット通信よりもバッテリー持ちが良くなります。

※モバイルデータ通信は便宜上パケット通信と呼んでいます。

以上の理由により、混雑しているパケット通信よりも、Wi-Fiスポットのほうが優れている面が多くなります。 

 

Wi-Fiスポットがついてくる格安SIMはどれ?

Wi-Fiスポットが利用できる格安SIM(MVNO事業者)はいくつかあります。 

サービス名 Wi-Fiスポット名

OCN モバイル ONE

Wi-Fiスポット 期間限定トライアルサービス

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE

ワイヤレスゲートWi-Fiスポット

BIGLOBE LTE・3G

Wi-Fiスポット

BIC SIM

Wi2 300

NifMo

BBモバイルポイントなど

※OCN モバイル ONEのWi-Fiスポット 期間限定トライアルサービスは2015年9月30日までの期間限定
※表は2015年4月27日時点のサービス

以上の格安SIMを契約すると、特典として無料でWi-Fiスポットが使えるようになります。Wi-Fiスポットの使用には、各社の専用アプリを利用。エリア内に入ると自動的に繋がるようになるため、初回設定さえ済ませてしまえば難しい操作は不要です。また、各アプリにはWi-Fiスポットを検索する機能もあるため、行きたい場所に「Wi-Fiスポットあるかな~」とあらかじめ調べておくのもコツですよ。

 

Wi-Fiスポットがついていない格安SIMでWi-Fiスポットを使う方法
それでは、Wi-Fiスポットがついていない格安SIMの場合はどうしたらいいでしょうか。方法は2つあります。

有料で使う

安心して使える方法は、有料契約して使う方法です。月額300円台でWi-Fiスポットを利用できますので、混雑しそうな観光地などに行く前に契約することをオススメします。

<主な有料Wi-Fiスポット契約>

ワイヤレスゲートWi-Fi 月額390円
Wi2 300 公衆無線LAN 月額390円
docomoWi-Fi 月額300円プラン 月額324円(ドコモ契約者以外も契約可能)
・フレッツ・スポット(東日本西日本) 月額216円(フレッツ光契約者以外は972円)

契約すると、アクセスポイントに接続できるID(アカウント)やパスワードが発行されるので、それを利用して接続する方式が一般的です。

無料で使う

最近では無料で使えるWi-Fiスポットも増えてきました。

Japan Connected-free Wi-Fi 空港や駅、セブンスポットなど幅広い場所で利用可能。専用アプリあり
LAWSON Wi-Fi ローソンで利用できます。専用アプリあり
セブンスポット セブン―イレブンやデニーズなどの系列店で利用できます。
ファミリーマートWi-Fi ファミリーマートで利用できます。専用アプリあり
フリースポット 空港や駅、レストランやホテルに多くあります
at_STARBUCKS_Wi2 全国のスターバックスコーヒーで利用できます

主に、コンビニや駅、空港、カフェなどを中心に利用できるのが無料Wi-Fiの特徴です。観光地ではありませんが、大手コンビニに足を運べばWi-Fiスポットが利用できるという分かりやすさもポイントです。また、専用アプリのあるサービスではアプリ経由でWi-Fiスポットを利用できるようにしますので、いちいちログイン認証の手間が無くなるメリットもあります。

しかし、無料のスポットというのは使う人も多いため、場合によってはモバイルデータ通信よりも速度が出なくなることもあります。また、時間制限をしているスポットもありますので、この点も注意が必要。

テーマパークの中にはWi-Fiスポットを設置しない施設 もありますが、MVNOが提供するWi-Fiスポットも増え出してきています。レジャーシーズンの本番を迎える今だからこそ、格安SIM選びのポイントにWi-Fiスポットの有無を重要視してみてはいかがでしょうか?

※文中の金額はすべて税込み(8%)です

 (文・布施 繁樹)

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP