ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

京大出身・田中英祐デビューの今こそ振り返りたい“幻の京大プロ第一号選手”とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 京都大から初めてプロ野球選手になった田中英祐(ロッテ)が4月29日、西武戦でプロ初登板初先発を果たした。もっとも、3回で5点を失い負け投手に。プロの洗礼を食らった形だ。

 だが、悲観しすぎる必要はない。ドラフト1位で指名された、当時最も期待された選手でも1軍デビューを果たせぬまま、引退してしまうのも珍しくないプロ野球という厳しい世界。そんな実力主義の中で、1軍デビューを果たしたのだから、たとえ負け投手になったとしても、大きな一歩であることには違いないのだ。

 そんな記念すべき第一歩が記された今こそ、あえて振り返りたい人物がいる。その人物の名は沢田誠。田中英祐のドラフト指名からさかのぼること27年前、京都大から初のプロ野球選手誕生か!? とメディアから注目を集めた「幻の京大プロ第一号選手」だ。

 沢田さんは大阪府立寝屋川高出身で、京都大では2年春からエースで4番として活躍。投げては大学通算2勝33敗という成績だったが、通算本塁打数では当時の関西学生リーグ新記録となる通算10本塁打を記録。その打棒ぶりから、当時ヤクルトで活躍していたボブ・ホーナーをもじって「京大のホーナー」の異名で呼ばれた。

 大学4年時の1987年には春秋ともにベストナインを獲得した。このとき、同様に春秋でベストナインに選ばれたのが立命館大の正捕手・古田敦也(元ヤクルト)。また、1987年秋では、後にMLBでも活躍する立命館大の長谷川滋利(元オリックスほか)もベストナインに選ばれている。彼らと肩を並べるほど、沢田さんの実力は折り紙付き。ドラフト会議が近づくに連れて、「指名有力」とメディアを賑わせたのだ。

 沢田さん自身も「プロ野球選手は子どもの頃からの夢」と期待に胸を膨らませて、ドラフト当日を待った。だが、結局、どの球団からも指名はなし。沢田さんは京都大卒業後、大阪ガスに就職したが、以降のドラフトでもプロからの指名はなく、「京大から初のプロ野球選手誕生」は幻となった。

 その後、1997年から2000年まで京都大硬式野球部の監督に就任。現在は京都大野球部OBを集めた社会人チームを結成し、今でも「現役選手」としてプレーを継続し、京都大野球部とも交流は続いている。だからこそ、田中英祐がプロか就職かで迷っていた際には「仕事は後からでもできる」とアドバイスしてプロ入りを後押し。田中が「京大初のプロ野球選手」になった背景には、沢田さんの存在があったのだ。

 さて、話題を田中英祐に戻そう。プロ初登板で黒星を喫した試合後、「1軍はアウトを1つとるのも難しかった」とレベルの違いを痛感するコメントを残した。ただ、これで終わってしまうわけにはいかない。田中の存在は、上述した沢田さんをはじめとした京都大OBたちの夢、そして、勉強と野球の両立に奮闘する全国の高校生、大学生たちの目標でもあるのだ。たった一歩でくじけるのではなく、前を向いて歩みを続けてほしい。

5月の『週刊野球太郎』では、『プロ野球格差対決2015』と題し、体格差、年棒差、出身地、境遇といった、さまざまな格差対決を特集! 雄平vs.新井貴浩、三浦大輔vs.松中信彦、西川遥輝vs.石川雄洋…これらは一体、どんな格差対決でしょうか!?

 『高校野球&ドラフト候補選手名鑑』では、センバツ優勝の敦賀気比、準優勝の東海大四へ独占野球部訪問を敢行! 5月上旬に公開します。

※リンクが表示されない場合は、http://yakyutaro.jp/をコピーしてアクセスしてください。
※『週刊野球太郎』と『高校野球&ドラフト候補選手名鑑』は、auスマートパス、Softbank、ドコモSPモードに対応しています。

■関連リンク
がんばれ今宮健太(ソフトバンク)! 身長程度の低打率を挽回せよ!!
3085安打、504本塁打を放った張本勲にセーフティーバントの決め方を訊くのは「喝!」か、「あっぱれ!」か。
まさに泥沼! 大型補強はどうしたオリックス!?

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。