ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Opera、Android版「Operaブラウザ 29」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Opera Software が Android 向けブラウザアプリの新バージョン「Oprea 29」をリリースしました。現在はクラッシュバグを修正した v29.1 が配信されています。Opera 29 では、タブマネージャーが刷新され、同期したタブの外観も一新したほか、以前までは、「オフロードモード」として組み込まれていた圧縮機能が「Opera Turbo」にリニューアルされました。Opera Turbo で WEB ページの互換性を向上する新しい圧縮技術の導入によって従来よりも圧縮率が向上しました。また、WEB ページのテキストのテキストの回り込みの改善、64bit CPU 搭載した端末のサポート、プログレスバーのリニューアルも行われています。また、HTML レンダリングエンジンが Chromium 42 にされています。「Opera」(Google Play ストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
LGが「G4」の紹介動画を公開、進化したカメラや光学手ブレ補正機能をアピール
GoogleストアでAndroid Wearスマートウォッチ第1弾「LG G Watch」の販売が終了
Google Nowに対応したサードパーティアプリが70種類追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP