ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダークすぎるザック・スナイダー版『スーパーマン』をカラフルにしてみた【動画】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ダークすぎるザック・スナイダー版『スーパーマン』をカラフルにしてみた【動画】

『300<スリーハンドレッド>』や『エンジェル・ウォーズ』で知られるザック・スナイダー監督。彼が『スーパーマン』シリーズのリブート版として制作した『マン・オブ・スティール』(2013年)の色が「全体的にダークすぎる」として、もっと自然な色にしたらどうなるか?を検証した映像がネットで話題だ。

https://www.youtube.com/watch?t=83&v=Du-eYiD9OfM

映像では『スーパーマン』だけでなく、いかに全体の色調がダークなのか?をほかの映画とも比較。その暗さは『ダークナイト』級だとも。
そして55秒過ぎから、自然な色合いにした比較映像がスタート。ここでもう、色の違いは一目瞭然だ。作成者はクラーク・ケント/カル=エルに扮したヘンリー・カヴィルの撮影現場の写真も引き合いに出し、実際にはいかにカラフルだったかを説明。

3分あまりと短いながら、色が与える印象がこうも違うのかと思わせてくれるこの映像。見た人からも

「スナイダー監督のこの映画は好きだけれど、自然な色のほうも良いね」
「カラフルなほうも断然いい」
「とても興味深い実験だ」
「(ダークでも)特に問題なかったけど」
「このダークな色調が、映画を引き立てた場面もあるはずだ」

と、さまざまな意見が出ている。

【参照リンク】
http://www.joblo.com/movie-news/cool-videos-what-if-zack-snyders-man-of-steel-was-in-color-316

関連記事リンク(外部サイト)

「パークライフ」が復活!ブラーと俳優フィル・ダニエルズがラジオで生コラボ【動画】
SKE48松井玲奈のガチ発言がネット上で話題に 「総選挙に出るなら電車に乗っていたい」
北野武監督、「ジジイが面白いのはタチ悪いから。この映画はグラフィティに近い」【後編】
タイのコスプレイヤーの破壊力がスゴすぎるwww 「熱意は伝わる」「仮装大賞臭」
大リーグ・新人選手への手荒い洗礼!辱めるレベルがドSすぎると話題に【動画】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。