ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「愛される上司」になるための3つのポイント 短所より長所伸ばす、反省より業務管理

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最新の米ギャラップ社の調査では、なんと米国の会社員の半分は上司が理由で職場を去っているのだそうです。これを受けてジャクリーン・スミス氏は、米ビジネス・インサイダーに「部下が上司に好感を抱く3つのポイント」を紹介しています。

1.継続的で有意義なコミュニケーション

面と向かって話をしたり電話をしたり、他のデバイスを使って定期的にコミュニケーションを取ることによって、社員の職場への愛着心が強くなることが分かりました。

定期的にミーティングを持つ上司の部下は、ミーティングをしない上司の部下よりも約3倍の愛着心を持っていると報告されています。日常的に上司といろいろな方法でコミュニケーションをとり、仕事の内容だけではなく仕事以外のことでも話をしている部下が、最も職場に愛着心を感じているとのことです。

2.反省よりも業務管理

部下は反省や見直しだけではなく、仕事の優先順位や目標設定について助言してくれる上司を高く評価しています。彼らのもっとも基本的なニーズは「どんな成果を期待されているのか明確にしてくれること」であり、それは仕事への原動力にもなります。

また彼らは、自分がすべきことや、それが他の人の業務とどのように関連しているかを完全に把握したいとも思っています。最高の上司と言われる人たちは、果たすべき責任と仕事の進ちょく状況を定期的に部下と話し合っているのです。業務管理がうまくいくと、部下たちはより生産的、創造的になり、利益を出すようになるでしょう。

3.短所ではなく長所を伸ばす

上司が部下の短所を直そうとするのではなく、長所を伸ばすように指導をすれば、仕事への愛着心は2倍以上になるそうです。長所を伸ばせる環境の中では、部下は自分の仕事をより早く覚え、生産性も高まり、素晴らしい仕事をします。愛着心もさらに増し、仕事も長続きすると報告されています。

日本では大学を卒業後、新卒で入社した会社を3年以内に辞める割合は3人に1人だそうです。より条件のいい会社を求めて転職説明会なども盛況のようですが、「売手市場」の今、日本でも優秀な人材を逃さない工夫が上司には必要でしょう。

(参照)3 things that make people love their boss (Business Insider)

あわせて読みたい:部下を休ませない管理職はマイナス査定!のブライダル企業
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP