ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国立大出身の女子アナが増加傾向 私大のAO入試導入も影響か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 女子アナといえば、“才色兼備”の象徴的な存在だろう。漢字の読み間違えを指摘されるケースもあるが、視聴者は「女子アナは頭が良く、読み間違えないはず」という大前提の考えがあるからこそ、ネタになるのである。

 昔から早稲田大学や慶應義塾大学出身者が多数を占め、高学歴ではないと就けない職業だといえる。最近も、傾向は変わらない。2010年から2014年までの5年間で、民放5局には計38人の女子アナが入社。出身校を見ると、水卜麻美アナ(日本テレビ)などを輩出した慶應大学が最多の9人。早稲田大学は4人。以前と比べれば、割合は減ったとはいえ、早慶が3分の1を占めている。テレビ局関係者が話す。

「昔から、高学歴の人が採用されてきたのは、きちんとした理由があります。女子アナは、報道、スポーツ、情報、バラエティとどんな分野でも対応できるスキルが求められます。情報番組の後すぐに、バラエティの収録をすることだってある。

 このとき、“受験で養った学力”はかなり重要なものです。かつて受験競争は『記憶力重視で創造性を奪う』などと批判されたこともありますが、受験には社会に出て“仕事のできる人間”になるために必要な要素がいくつも詰まっています。第一に、偏差値の高い大学に合格するには、単なる記憶力では歯が立たない。物事の要点を理解する力が求められます。

 そして、受験では、嫌いな科目から逃げないで克服する力も養われます。つまり、興味のないことにきちんと立ち向かう姿勢は、さまざまな分野に挑戦しなければならない女子アナという職業にもっとも重要な資質と言えます。たとえば、全く興味のない野球を、一から勉強して生放送で対応できるようになるには、“受験”時に培った力が大きくものを言うはずです」

 高学歴に変わりはないが、最近の採用では国立大学出身者が増えているのも大きな特徴だ。1990年代の入社を見渡すと、現在は国会議員となっている丸川珠代・元アナ(テレビ朝日)、佐々木恭子アナ(フジテレビ)といった2名の東京大学出身者と、筑波大学の山王丸和恵・元アナ、大阪大学の森富美アナ(ともに日本テレビ)など、10年間で6人のみ。しかし、2005年からの10年間では、その倍となる12人採用されている。

『報道ステーション』のスポーツコーナー担当の青山愛アナ(テレビ朝日)は京都大学経済学部、『めざましテレビ』『ノンストップ!』などで活躍中の山崎夕貴アナ(フジテレビ)は岡山大学経済学部、『あさチャン!』『マツコ&有吉の怒り新党』などで人気の夏目三久アナ(元日本テレビ)は東京外国語大学外国語学部出身だ。

 なぜ女子アナに国立大学出身者が増えているのだろうか。

「まず、女子アナが憧れの職業となっていることも、国立大学出身者が増えた大きな理由でしょう。しかしもうひとつ、見逃せない点として、2000年代になって激増した大学のAO入試が挙げられます。

 このシステムは、基本的に書類選考(推薦状、小論文)と面接で合否が決まり、いわゆるペーパーテストがない。正直な話、受験とAO入試では、同じ大学でも“学力”に大きな差がある。もちろん全員が当てはまるわけではないですが、局にもそのような認識はある。だから、AO入試の少ない国立大出身者の採用が多くなっているのではないでしょうか」(同前)


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
3年夏が山場 女子アナ志望就活生の合言葉は「ミスコン出る?」
テレ朝新人久冨アナ 次に報ステ・古舘伊知郎の隣に座ると噂
粒ぞろいの女子アナ達の中でも美しさ目立つ日テレ徳島えりか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP