ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

複雑さなくす、モバイル事業に期待

DATE:
  • ガジェット通信を≫


米Googleが、新しいモバイル通信サービス「Project Fi」を現地時間の4月22日に正式発表した。以前から水面下で噂されていたサービスだが、まずはアメリカ国内のみで、招待制で利用者を募集している。

【もっと大きな画像や図表を見る】

「Project Fi」は、独自のネットワーク網を持たず、米Sprintと米T-Mobileの2社と提携。両社のLTE網を使ってネットワークに接続する。さらにGoogleが速度と安全性を保証するWi-Fiスポットも含めて、常に最適なネットワークを検出して接続する。切り替えはシームレスで、通話もデータ通信も途切れることはないという。

このサービスの特徴は何といっても、シンプルな料金プランだ。基本料金は月額20ドル(約2400円)。データ通信料は1カ月1GBにつき10ドル。1カ月で使いきらなかった場合は、100MB単位で翌月に繰り越すこともできる。通話は無制限で、日本の携帯電話・スマートフォンの契約プランにあるような「○○割」や「2年縛り」など、サービス提供時の複雑な構造はない。

シンプルな料金プランで、なおかつ快適なネットワーク環境が提供されるということで、かなり革新的なものとなりそうな「Project Fi」。ツイッターでは、

「Project Fi すごい!アイデアと、それを実行まで持ってきたところがすごいです」
「シンプルは最高」
「単純明快で既存のサービスと比較にならない」

などと絶賛。また、

「こんぐらいシンプルなプランを日本でもやって欲しいわ」
「これ日本で展開してほしいな」

と、日本への上陸を期待する声も多かった。

ただ、料金体系はシンプルだが、価格そのものについては、

「格安SIMに比べると高いですね」
「あれ思ったより高いぞ」
「10ドルで1Gは高い気がする」(原文ママ)

と、比較的割高だと感じているネットユーザーも多い。価格については大きなメリットがあるというわけではなさそうだ。

いずれにしろ、大きな期待が寄せられている「Project Fi」。もしも日本に上陸することがあれば、携帯電話・スマートフォン事情が大きく様変わりするかもしれない。
(R25編集部)

複雑さなくす、モバイル事業に期待はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

買ったのに使えない!?格安SIMの落とし穴
格安スマホのオトクな中身とは?
「通信費の料金見直し」の効果は?
スマホ料金をさらにおトクにする術
スマホやめる?or学生やめる?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP