ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アラフォー女性 料理番組に「イケメンとプロのコツ」求める

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 毎日テレビで放送される料理番組。もちろんレシピも見どころだが、それ以外にも楽しむべき点はたくさんある。そこで「料理は作るのも食べるのも大好き。でもテレビを見ながらあれこれ言うのはもっと好き」というアラフォー女性3人組が気になる料理番組について、好き勝手トークを展開する。

A子:夜のほうが落ち着いて見られるから、『新チューボーですよ!』(TBS系)をよく見てますね。自分の好きな芸能人が、ふだん家で料理をしてるのかしてないのか、見てるとわかるのも楽しい。

B美:『新チューボーですよ!』は、料理をしない夫もよく見てる。男性にも人気あるみたいね。

A子:イケメンの番組も好き。ワイドショー内の料理番組は、ほぼ定刻にやるから朝は時計代わりにもなるし、元気補給にもなる(笑い)。『グレーテルのかまど』(NHK・Eテレ)の瀬戸康史くんもかわいいの。一生懸命お菓子を作る姿は癒し!

C代:『One Dish』(フジテレビ系)は買い物から始まるんだけど、V6坂本くんと一緒に買ってる妄想が広がる(笑い)。まじめな料理番組もいいけど、こういうエンタメ的な要素があるのも楽しくて好きですね。

A子:国分太一と栗原心平の『男子ごはん』(テレビ東京)は、ケンタロウさんの時はガッツリ系だったけど、今の心平ちゃんの料理も体によさそうでいい。

B美:料理研究家の栗原はるみさんの長男よね。栗原はるみさん、以前テレビでりんごのケーキをフライパンで作ってたの。誰でも作れるようにと、レシピ制作のために50回くらい試作をしたそうで、すごいなって。レシピ作りって大変なのね。

C代:平野レミさんとか、故・小林カツ代さんみたいに、自分の料理を「おいしいのよ~」って言いながら作る人もいますよね。じゃあ、作ってみようかな!って思える。

A子:女性講師の料理番組は家庭料理が中心で、時短だったり、節約だったり。やっぱり実用的で作りやすく研究されてるな~って思う。

B美:以前イタリアンの落合務シェフが、“ポークソテーは肉を立てて脂身から焼くとおいしさが違う”って言ってたのを見たときは、目から鱗だった。私はそういうプロならではのコツも知りたいな。

※女性セブン2015年5月7日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『バイキング』地引網クッキングの料理研究家「毎回ドキドキ」
料理番組の真実 台本はあるの? 残った食材はどうなるの?
小林カツ代さん 長男ケンタロウの交通事故を知らされず逝く

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP