ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

石丸幹二 NHK『みんなのうた』で振り切ったお祭りダンス披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 人気ドラマ『半沢直樹』(TBS系)での浅野支店長役を記憶している人も多いだろう。演技派俳優として人気の石丸幹二(49才)のことだ。彼が4月からNHK『みんなのうた』に出演。「かいじん百面相」に扮し、美声を披露しているのだが、衣装とダンスがとにかく振り切っていると話題だ。コラムニスト・ペリー荻野さんが、連載「ちゃんねる道中」で、“石丸幹二がすごいことになっている!”と、その変身ぶりを綴る。

 * * *
 石丸幹二といえば東京芸大の声楽科から劇団四季の花形スターとなった華麗な経歴の持ち主。劇団退団後は、舞台、ドラマと活躍をしているが、ブレイクしたのはTBS『半沢直樹』だった。

 石丸演じる浅野支店長は、部下である半沢(堺雅人)を陥れ、一時は勝ち誇った顔をしていたが、例の倍返しを食らい、土下座の末に海外に飛ばされてしまった。それまでミュージカルで華やかな二枚目のイメージだったので、この敵役には驚いたが、その際に見せた「追い詰められて額に脂汗をにじませる」演技はすごかった。

 そして、その技が認められたのか、TBSドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』の社内野球チーム廃部問題に悩む幹部役で登場。最近では、『キャノンPIXUS』のCMで桐谷美鈴といい味を出している。第一営業部の石丸部長は「桐谷くんは猫好きだ」とつぶやく。すると仕事先で猫を見つけた部下の桐谷くんはさっそく「ニャンニャニャニャ~」と声をかけてスマホでパチリ。「猫としゃべれるのか…」と石丸部長はすでに脂汗。社に戻っても桐谷くんにどれも同じに見える猫写真を次々見せられ、何枚あるのかと聞くと「1000枚くらいです」とニッコリ答えられてさらに脂汗がたらたらだ。

 放送中のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』で演じる長州藩幹部の周布政之助も、藩内で次々問題が起きて汗をふく暇もない。石丸幹二はいまや「額に脂汗」演技を見せたら、日本一の俳優といっていい。

 そんな中、意外なところで新たな石丸幹二が「発見」されたのである。NHK『みんなのうた』。番組開始が1961年という長寿番組の2015年4月と5月のうたとなった『かいじん百面相』。ズッチャカチャーと弾みつつも、ちょっと怪しげなムードを漂わせるメロディーにのって出てきた黒い影。それは黒ハットに黒マント、黒マスクと黒ずくめの「かいじん百面相」なのである。

 百面相は、あるときはダンサー、美容師、大統領などに扮して生きていると歌いだす。顔はマスクでわからないが、その歌声はもしかして?と思ったら、やっぱり石丸幹二だった。なるほど、さすが劇団四季時代に『オペラ座の怪人』で人気を博した俳優である。こりゃぴったりのムードだと思った矢先、突如、かいじん百面相はお祭り呪文で変身! 

 なんと今度は金髪チリチリ頭に大漁旗柄のようなお祭りルックに。赤いふぐ集団が空を埋め尽くし、緑色の龍がぐるぐるととぐろを巻く派手なお祭りCG画面の中でエイサッサ、シャンシャンシャン~とリズムをとってお陽気に踊りだしたのである。

 思えば石丸は1996年に著名文化人の花舞台CMともいえるネスカフェ・ゴールドブレンドの「違いがわかる男」シリーズに登場。このシリーズは遠藤周作とか二谷英明とか渋めの人選だったのに、若々しい黄色いシャツの石丸が清流のほとりにひざまずき、美声を響かせる姿にはびっくり。うっとりさせられたものだった。

「違いがわかる男」から約20年。『みんなのうた』で、オペラ風の重厚ボイスとは正反対の甲高い声を聴かせながら、軽やかにステップを踏む石丸幹二。なんだかもう、すごいことになってきた。映画『王妃の館』ではルイ14世を演じているという。これからどこに行こうとしているのか。ますます楽しみになってきた。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『半沢直樹』で壇蜜 泳げないためプールシーンで頭真っ白に
顔面マヒが出現したら発症2日以内に抗ウイルス薬を飲むべし
ポスト半沢 『ルーズヴェルト』似すぎで『花咲舞』優勢の評

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。