ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

肩こりは日本人だけ?フランスには「○コリ」があるらしい…

DATE:
  • ガジェット通信を≫

筆者撮影

日々パソコンとにらめっこをしている人が増えている昨今。デスクワークには「肩こり」がつきものです。ある調査によると、日本人の約9割が肩こりに悩まされているとか! しかし、他の国ではほとんど肩こりに悩まされる人はいないようです。一体、なぜ…?

「肩こり」という言葉は日本にしかないそうで、そのせいで必要以上に気にしてしまうからという説があります。ちなみに肩こりという言葉の発祥は「夏目漱石」が書いた「門」という作品からだそうです。

Photo credit: Hiroshi Sasaya「フランスの旅

一方でフランスには「足コリ」があるそう。「足が重い」という慣用句があることから日本の肩こりのように「何となく足が重く感じてつらい」という症状を多くのフランス国民が訴えているとか…。

フランスの優雅な街中を歩き回った後に「あれ? これ足コリだな…」とつぶやけばあなたも立派なフランス通になれるかも?

*Hiroshi Sasaya「フランスの旅

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP