ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レコ協「日本のレコード産業2015」発行 産業動向のオーバービュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

28日、一般社団法人日本レコード協会(レコ協)は冊子「日本のレコード産業2015」および同英語版「RIAJ Yearbook 2015」を発行した。

2014年のレコード産業の概要を網羅したもので、レコードの生産実績、有料音楽配信売上、新譜・カタログ数、ミリオン認定、世界売上等を掲載、最新のレコード産業の動向が把握できるものとなっている。

「日本のレコード産業2015」および同英語版「RIAJ Yearbook 2015」は、レコード協会のHPから電子版を閲覧することが可能。

日本のレコード産業 2015(PDF)
RIAJ Yearbook 2015(PDF)

———–

レコード産業の概況としては、2014年の音楽ソフト総生産金額は前年比94%の2,542億円に。一方、有料音楽配信売上は前年比105%の437億円となり、合計で前年比95%の2,979億円となっている。

「日本のレコード産業2015」より

———–

音楽ソフト総生産金額推移グラフ。

「日本のレコード産業2015」より

———–

有料音楽配信の売上金額推移グラフ。

「日本のレコード産業2015」より

———–

音楽ソフトと有料音楽配信の推移を比較。

「日本のレコード産業2015」より

———–

世界における音楽売上では、日本は昨年に続き第二位に。パッケージと配信の割合は、次ぐ第3位のドイツに類似しており、配信とパッケージのシェアが日本と逆パターンのスウェーデンの約14倍の市場になっている。

「日本のレコード産業2015」より

———–

「日本のレコード産業2015」より

関連リンク

日本レコード協会

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP