ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【書評】銃弾飛び交う現場で武装解除を指揮する異色の日本人

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『紛争解決人 世界の果てで テロリストと闘う』森功著/幻冬舎/本体1400円+税

森功(もり・いさお):1961年福岡県生まれ。岡山大学文学部卒。週刊新潮編集部などを経て2003年からフリーのノンフィクション作家に。『平成経済事件の怪物たち』(文春新書)、『大阪府警暴力団担当刑事「祝井十吾」の事件簿』(講談社刊)など著書多数。

【評者】鈴木洋史(ノンフィクションライター)

 読み進めるうちに、こんな日本人がいるのかと驚くが、読み終えて、逆にこんな日本人はそうはいないだろうと思うと、国際社会において日本がどれだけの役割を果たせるのか心許なくなる。

 本書は、国連からの要請で世界の紛争地で武装解除を指揮して〈紛争解決人〉と呼ばれ、〈紛争地で最も有名な日本人〉となった伊勢先賢治(1957~)の異色の経歴・人物像と、その伊勢﨑の目を通して見た紛争地の現実を描いたノンフィクションだ。

 伊勢崎は建築家を志望して早大大学院で学んでいたとき、住民参加型の街作りを究めるため1983年からインドに留学。ムンバイにある世界最大のスラムに入り込み、住民の居住権獲得運動に従事した。

 1987年に帰国してからは世界各地に拠点を持つ国際NGOのスタッフとなり、1988年、世界最貧国のひとつ、シエラレオネに赴任。現地事務所のトップとして大規模な開発援助に携わったばかりか、大統領からの要請で市会議員となり、内戦状態になった国でまるで治安責任者のような役割を担わされた。

 シエラレオネで4年の任期を終えたあとはエチオピア、ケニアに合わせて5年ほど赴任し、1997年に帰国。すると今度は国連から要請を受け、2000年から1年間、インドネシアから解放されたばかりの東チモールで暫定政府の知事のひとりとなり、国連部隊、軍事監視団、文民警察を指揮した。任期の終盤には紛争当事者の兵士から武器を取り上げ、代わりに職を与える武装解除を手掛けた。

 そうした治安回復の手腕を評価され、2001年から1年間は国連がシエラレオネで行なう武装解除の、2003年から2005年には国連がタリバン政権崩壊後のアフガニスタンで行なう武装解除の責任者として、国際社会やゲリラ、民兵組織などへの根回しに奔走し、武装解除の現場に立ち会った。現場では銃弾が頬をかすめ、危うく罠に掛かって地雷を踏まされそうになったこともある。

 2002年からは大学教授の職にあるが(現在は東京外国語大学大学院総合国際学研究科教授)、今もその行動は学者の枠にとどまらない。アフガン問題解決の根本的な鍵はインド・パキスタンの関係にあるという考えから、両国の大学間の交流プロジェクトを手掛けつつ、これまでに培ったコネクションを活かして過激派のリーダーとも接触しているという。

 実は伊勢崎は護憲派だ。現実との乖離はあり、いずれ改憲する必要が出てくるだろうが、まだまだ憲法9条のおかげで国際社会で日本が中立的な立ち位置を取ることができる以上、それを活用すべきだという考え方だ。現場で修羅場を踏んできただけに、したたかで、リアリスティックなのである。

 ちなみに、最近出版した自著『本当の戦争の話をしよう 世界の「対立」を仕切る』の中で、伊勢崎は「人間性善説で国際関係は成り立っていない」と述べている。その一方、東チモールで配下の兵士が殺され、残酷な扱いを受けたことに冷静さを失い、国連軍に報復的な行動を許してしまったことを悔い、北部同盟の武装解除を行なったことがタリバン復活を招いたとして自戒の念を抱く。

 本書を読んでいると、旧来の観念的な護憲派はもちろん、声高に叫ぶ「積極的平和主義」なるものがいかに現場を知らないものかと思わざるを得ないのである。

※SAPIO2015年5月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
1969年の東大入試中止事件 東大目指す現役受験生の進路は?
DDRの専門家34才女性 過去に8回マラリアに感染した経験
池上彰の著名女性10人についてのお茶の水大講義をまとめた本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP