ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リフォーム業者選びのコツ 「見積は3社」「即決はNG」など

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 子供が自立したことをきっかけに、自宅マンションをリフォームしようと考える50代~60代が多いという。しかし問題となるのがリフォーム業者の選別。リビングジャーナリストの中島早苗さんが業者選びのコツを紹介します。

 * * *
 キッチンなどの部分リフォームなら設備会社がいいですし、スタイリッシュなデザインを重視するなら、個人の設計事務所がおすすめ。フルリフォームなら、実績が多い大手リフォーム会社が安心です。引越しのサポートや、工事中の近隣へのフォローも整っています。「どんな住まいにしたいのか」を明確にして、依頼先を決めましょう。

 見積りとプラン提案は1社だけでなく、3社くらいから取り寄せるのがベスト。額面だけでなく、中身までしっかり比べてください。キッチンやお風呂の標準装備や、壁や床に使用する素材は何なのか、しっかり確認すること。とくに断熱材は、使用する素材によって効果が異なります。高性能な断熱材は、値段も相応に高くなりますが、光熱費が抑えられ、充分に元はとれるでしょう。

 耐震、バリアフリー、省エネ仕様にすると、固定資産税が減額される制度があります。また親や祖父母の資金援助がある場合は、贈与税が非課税になる制度もあるので、ぜひ活用を。

【見積りは3社比較しよう】
 見積りは金額だけでなく、各工事の内訳費用と、使う素材、材料をきちんと確かめること。値引きを提示された際も、何をどう値引いたのか中身まで聞いて。リフォームをした実邸を見学させてくれる会社は、信用度が高いといえる。

【モデルルームで舞い上がらない】
 モデルルームは、最大限素敵に仕上げられた空間。使いやすそうな間取り、最新の設備機器、おしゃれなインテリアに胸が躍るが、即決NG。見た目に惑わされず、予算と希望をしっかり踏まえて比較検討を。

【『住宅ローン減税』でお得にリフォーム】
 返済期間10年以上のリフォームローンを組むと、入居してから10年間、各年の住宅ローン年末残高の1%が、所得税から控除される。年間上限は40万円のため、最大400万円もお得になる。

※女性セブン2015年5月7日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
50代からのマンションリフォーム 部屋数減らしリビング広く
東電6000億円過大見積り「大した問題ではない」と大前研一氏
ニッチロー イチロー快挙祝福「負けないパフォーマンスしたい」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP