ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

持ち運び楽々!重さわずか140g、手のひらサイズのミニプロジェクターが便利そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

動画を見たり、プレゼンテーションをしたり。いろいろと便利なプロジェクターだが、最近どんどん小型化が進んでいるようだ。

・手のひらサイズのミニプロジェクター

今回紹介する「Adayo Smart Projector」もそんな1つ。デバイスの大きさは長さ112、幅78、厚さ30ミリメートルで、手のひらにのるほどのコンパクトさ。しかも、重さはわずか140グラムしかなく、カバンやポケットに入れて、持ち歩きするのも楽々。

・最大60インチの大画面で表示

もちろん、プロジェクターとしての性能もバッチリで、リビングの壁をモニター代わりにして、15~最大60インチの大きさで、映像を表示できる。

・他デバイスと接続も

デバイス本体には、マイクロHDMI、MHLと、マイクロUSBポートが搭載されていて、ケーブルをつないで、スマートフォンやタブレット、モニターなど、さまざまな他デバイスと接続することが可能。

・デュアルバンド通信採用

またこのデバイスには、5GHzと2.4GHzの両方に対応するデュアルバンド通信が採用されており、周囲の通信状況に応じて使い分けられるのも利点だ。バッテリーライフとしては、最大90分間の連続使用が可能。

場所を選ばず、会議室、リビングや寝室など、好きな場所で壁をモニター代わりにして、スライドやドキュメントを表示したり、写真や映画を観て楽しんだり、友だちと大画面でゲームをしたり。どこにでも持っていけるこのミニプロジェクターは、あらゆるシーンで活躍してくれそうだ。

Adayo Smart Projector

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP