体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

違う、そうじゃない……熊本タクシー、タクシー無線でドラゲナイが雑パロ過ぎて茶吹きそうになる

 見た瞬間、思わず茶を吹きそうになった写真が、筆者の中で話題になっています。
あまりに衝撃的だったので、是非読者の皆様にもお伝えすべく、こうしてキーボードを叩いている次第です。カタカタカタっと。

【関連:ツイッターで遭遇した独自ルール『無断RT禁止』『フォロー外のリプ禁止』】

熊本タクシートップ

 筆者のツイッターアカウントに漂流してきたのは、「熊本タクシー」の投稿。フォロワー数1万7千人を突破する人気企業アカウントです。
「Q:必要な時に限ってタクシー走ってないんですが。 A:妖怪のせいです。」など、ネットユーザーの心くすぐる投稿を度々行い、人呼んで「荒ぶる企業垢」として親しまれています。

 さて、今回筆者の心を惹きつけた、もとい茶を吹かせかけたこちらの写真。人気4人組バンド『SEKAI NO OWARI』の「Dragon Night」(通称、ドラゲナイ)のパロディーのよう。

 ドラゲナイではボーカルFukaseさんがトランシーバー片手にもう一方で旗を持っています。対し熊本タクシーのパロディ版では、制服を着た中年ドライバーさんがタクシー無線片手に、熊本タクシーののぼり旗を……。大体あってるようなあってないような?若干雑なパロディな気もしますが、でもこういう攻め方嫌いじゃないです。

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。