ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホで指を鍛えると、どのくらい気持ちいいのかやってみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫


こんにちは、GREEニュース編集部のジェイです。
きっかけさえあれば、人の潜在能力は解放されます。僕の親指もそうでした。
今回は、僕自ら親指の力を引き出し、身近な人を喜ばせた、そんな経験を紹介します。

ある昼休みのことでした。

お昼ご飯を食べて一息ついていると、上司の直人さんが近づいてきました。

「ちょっと、ジェイ!肩こった。マッサージしてよ。」

「はい、いいですよ!」

もみもみ・・・

もみもみもみ・・・・

ん・・・?

「オラァァァーーーーーー」

・・・

「・・・ジェイ、マッサージ下手だなぁ、全然気持ち良くないよ。」
「すいません。」

(・・・)

(なぜだ・・・)

(肩こりに効くのは肩井・肩中兪・肩外兪の3つのツボ。やや強めに押すことで肩こりは解消できるはずなのに。)

(くやしい・・・)

(なぜなんだ・・・・・・)

(指か・・・)

(そうか、親指か・・・)

それから来る日も来る日も親指を鍛えた。

通勤中も・・・

コーヒー飲みながら・・・

トイレに行く時も・・・

そして・・・・・・

(あ、見つけた!)


「直人さん、マッサージしますよ。」


「ジェイのマッサージ気持ち良くないからなぁ」


「まぁまぁ、座ってください!」

もみもみもみ・・・


「はっ!」

「き、きもちいいぃぃ!どうしてこんなにうまくなったの?」
「あ、親指を鍛えたんですよ!スマホゲームで!」

「なるほどな。ありがとう!」

おわり

※ボタンの押しすぎには注意してください。
むやみに量をこなそうとするのではなく、ゆっくり質の良いトレーニングを行うことが効果的です。

ちなみに、今回使用した『神獄のヴァルハラゲート』はこちら!

© Grani, Inc.

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。