ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エド・シーラン、Spotifyで再生数20億回突破

DATE:
  • ガジェット通信を≫

posted by Jay Kogami

人気アーティストのエド・シーラン、Spotifyで英国人アーティスト初めて音楽再生が20億回を突破

定額制音楽ストリーミングサービスの「Spotify」(スポティファイ)ではアーティストごとのプロフィールページがあり、この中ではどれくらい人気曲がストリーミング再生されたか、数値化されて見ることができます。Spotifyによれば、イギリス人アーティストのエド・シーラン (Ed Sheeran)が、イギリス人アーティストとして初めてストリーミング再生回数が合計20億回を超えたことを発表しました。

Spotifyで再生回数合計が20億回を超えたのは、過去にエミネムのみで、史上2人目の快挙です。

Spotifyのヨーロッパ地域レーベルリレーション担当ケヴィン・ブラウン (Kevin Brown)は、エド・シーランの成功について次のように述べています。

端的に言えるのは、エド・シーランは世界中のSpotifyユーザーから愛されているアーティストの一人であるということです。このマイルストーンを彼が達成できたことを嬉しく思います。

アルバム「x」リリース後約1年も人気であり続けファンを獲得し続けている事実は、アルバムの高いクオリティとエドのアーティストとしての魅力の勝利と言えます。

エド・シーランとSpotify

Spotifyの収益分配やビジネスモデルを非難する少数のアーティストが否定的な発言をくりかえる中で、エド・シーランは過去にSpotifyを擁護するコメントを残すなど、Spotifyを受け入れる姿勢を示しています。

昨年BBCのインタビューでは、「僕は南アフリカでライブがソールドアウトする。韓国や東南アジアではアリーナが完売する。こんなこと、Spotifyなしじゃ実現できなかった。僕にとってSpotifyは必要悪でも何でもない。僕がしたいことを実現してくれる」と答えています。

レディオヘッドのトム・ヨークやテイラー・スウィフトは、Spotifyに反対する立場を表明し、サービスから自分たちの楽曲を取り下げて配信を止めています。昨年テイラー・スウィフトはSpotifyの低いロイヤリティ配分を非難する意見をウォールストリートジャーナルに寄稿し、新アルバム「1989」リリース時には全てのカタログをSpotifyから削除しました。「1989」はCDやダウンロード販売で初週売上が128万枚で、米国では2002年以来週間売上では最高を記録するヒット作となりました。

エド・シーランの考えは、彼らとは少し異なります。彼は、他のアーティストたちの意見を尊重しつつも、Spotifyのロイヤリティは公平だと言います。

「僕は、Spotifyは正しい額を支払っていると思う。僕たちにはまだそれが見えてないだけ。なぜなら、レーベルが以前のように稼げなくなったから、Spotifyからの分配を多く受け取っているからなのさ。

僕はレコード販売のパーセンテージは受け取っている。だけど大きな額じゃない。僕は全てのチケット販売から利益を得ている。だからできるならツアーがしたいね。」

エド・シーランの人気は、世界58カ国で展開するSpotifyでも群を抜いています。2014年、エド・シーランはSpotifyで最もストリーミング再生されたアーティスト。またアルバム「x」は4億3000万回ストリーミング再生されて、2014年に最も再生回数を上げたアルバムとなり、米ビルボードのアルバムチャートでは1位デビューを飾りました。

確かに前述のテイラー・スウィフトのようにCDやダウンロードで人気を集めることは、今でも可能だということを証明しました。ですが、エド・シーランの場合も、音楽ストリーミングでもアーティストの音楽性や作品が良ければ、世界各地のリスナーに聴いてもらえることを証明しています。それがグローバルな広がりを見せる音楽ストリーミングサービスのリーチ力で、Spotifyで局を配信する影響力だと感じます。

image by Kathi Rudminat via Flickr

■記事元http://jaykogami.com/2015/04/11168.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP