ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

気軽に本格DIY!デスク上でメタル塗装ができる「Orbit1」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3Dプリンターをはじめ、今は何でもデスク上で制作できる時代になりつつある。ジュエリーや工作などをDIYで手作りする人には、「Orbit1」というツールが役立ってくれるかもしれない。

「Orbit1」は、ほぼどんな物体でもメタルコーティングできる機械で、開発元はMonolith Studio。

・手順はシンプル

「Orbit1」の使い方はいたってシンプル。まず、加工したいオブジェクトの表面を磨いてきれいにする。次に、オブジェクトの表面に、まんべんなく伝導性ペイントをスプレーで吹きつけ、50~60度の熱風で数分間乾かす。

あとは、「Orbit1」の本体にオブジェクトを配置し、スマートフォンのアプリをクリックしてスタートするだけ。アプリはAndroid、iOSの両方に対応している。

・石、ゴム製など、あらゆる素材を加工可能

作業時間は早いもので数分と、スピーディ。本体内に置けるオブジェクトの最大サイズは、高さが200mm、幅150mmまで。しかも、石、木、植物、ゴム、金属、プラスチックなど、あらゆる材質のものを塗装加工できる。

・誰でも気軽にメタル塗装を楽しめる

これがあれば、専門業者に頼む必要も、作業場を確保する手間もなく、誰でも気軽に塗装加工ができるようになる。自分で3Dプリントしたオリジナルの成型物に、メタルコーティング加工を施して、完成度の高い作品をつくる、なんてことも可能になる。

・Kickstarterでキャンペーン開催中

実に画期的なツールである「Orbit1」は、開発会社によると、1gあたりわずか2ドル~でコーティング加工ができるという。6月19日まで、資金調達プラットフォームKickstarterでキャンペーンを開催中だ。興味がある人はチェックしてみては。

Orbit1

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP