体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

復活した『グリル サクライ』のナポリタンを食す!

foodpic6031156

ナポリタンと言うと「ケチャップ味」のスパゲティ。日本人には馴染み深いメニューで、きっと誰もが一度は食べた事があるはずです。

そんなナポリタンの魅力はなんでしょうか?

筆者は「ナポリタンは店によって個性がある」っていうのが一番の魅力だと思います。

例えば「ボンゴレ」や「ペペロンチーノ」は個性が出しにくいのですが、ナポリタンの場合は自由度が高いので、料理人も自分の主張をぶつけてくる料理だと思うんですよね。

さらにリーズナブルな価格もナポリタンの魅力のひとつです。1000円もあれば大盛りにしてもお釣りが来るので、食べ盛りの若い世代でも満足出来るはずです。

復活した名店『グリル サクライ』

今回は惜しまれつつも閉店し、2014年9月に復活した『グリル サクライ』のナポリタンを紹介してみましょう。

新店舗は横浜スタジアムの近くの路地裏にあります。今はスマホでナビれば余裕ですが、ちょっと目立たない路地にあるので注意して下さい。

あと土日祝日は休み、営業時間も11:30~15:00(売り切れ次第終了)となっているので、なかなか訪れにくい店ではあります。

しかし、そんな場所と営業時間にも関わらず、今でも店の開店と同時にカウンターが埋まるほどの人気店です。特に『メキシカンチリバーグ』と呼ばれるハンバーグは店の看板メニューで、ほとんどの人がオーダーしています。

foodpic6031161

『グリル サクライ』のナポリタンを食す!

そんな『グリル サクライ』ですが、実は何気にナポリタンも人気があるそうです。
ただし、ランチのラッシュタイムが過ぎる「13時以降」で無ければ注文出来ないので、ナポリタン目当ての時は必ず13時以降に訪れて下さい。

『グリル サクライ』はオープンキッチンなので、調理している様子も見えるのが嬉しいですね。
ナポリタンマニアの筆者としては、どのように作るのか興味深々です。

あまり全てを書いてしまうのもアレなので、細かい部分は省きますが、筆者が見た限りでは

「謎のスープ」

「謎のソース」(ウスターソース?デミソース?)

「赤ワイン」

この3点が『グリル サクライ』のナポリタンの秘密かと思います。これがきっと店主のコダワリなのでしょう。

パスタと言うと「パスタを茹でた湯」をソースを伸ばす時に使うのですが、ナポリタンの場合は「スパゲティは茹で置き」が標準なので、茹で湯を使えません。

なので『グリル サクライ』ではスープでソースを伸ばしていました。これで味に深みが出ます。

さらに「謎のソース」を投入します。恐らく普通に「ウスターソース」かと思われますが、これが隠し味です。
「ウスターソース」は大量の野菜をドロドロに煮詰めた物なので、野菜の旨味と適度な塩分が加わります。

そして最後に赤ワインを回して煮詰めます。赤ワインはトマトと相性が良いので、ナポリタンがより濃厚な味付けになります。
ちなみに終始強火で調理しているので、水分を足してもベタっとした感じにはなりません。ここら辺は業務用コンロならではですね。

foodpic6031159

いざ実食!

とにかくナポリタンの基礎と言うか「ベース」は完全に押さえている感じです。玉ねぎ、ハム、マッシュルーム(缶詰の方)などの具は安定感抜群です。珍しいのはグリーンピースがちょこっと乗っている事でしょうか?

そして上記の『グリル サクライ』ならではの味付け。この個性がナポリタンの醍醐味です。

1 2次のページ
タウンワークマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。