ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

PL野球部OB座談会 全員が「PLよもう一度」の気持ち抱いてる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高校野球の名門・大阪・PL学園高等学校は、昨年10月に新入生部員の募集停止を発表し、存続の危機に陥っている。母校の黄金期を支えたOB、片岡篤史(1988年卒、元日ハムほか)、橋本清(1988年卒、元巨人)、大西宏明(1999年卒、元近鉄ほか)の3氏がかつての日々を語り合った。

大西:PLで3年間学んだことは、社会に出て本当に役に立つことが沢山ありましたよね。

橋本:そうやな。例えば3年生の食事の準備にしても、ご飯はしゃもじで切ってふんわりするように盛りつけるとか、そういうことも学ぶ。野球をしにPLに来たはずやのに、相手がいい気持ちになるようにはどうするか、というのを考えるようになる。それに最初は料理に使うコンロや鍋が取り合いになるので、1年生の間でケンカになるけど、結局は連帯責任になるので協力するようになって、これがチームワークに繋がる。

片岡:先輩がいま何を考えているかについて、目配りや気配りができるようになって、いわれる前に動けるようになるよな。

大西:僕はいま飲食店(大阪・心斎橋で焼き肉店)をやっているので、それは本当にわかります。お客さんの飲み物がなくなっている、皿が足りなくなっているとか、僕は気になって仕方のないことも、店の若いスタッフには気が付かない子もいる。それをスタッフに教えるのが大変ですね。

片岡:PLでは50日念願といって、夏の甲子園予選が始まる50日前からお参りに行く日課がある。その際にごみが落ちていれば拾う、人が嫌がることを進んでやる、といったことで徳を積む、その気持ちで野球に臨みなさいということ。PL教には野球部に入るために入信したが、いい教えだと感謝している人は多いと思う。あの3年間を耐えたという誇りと自信が、今の自分を支えとるからね。

橋本:もう教会には行っていないけど、籍は残している。行かなくても心のどこかにはPLの教えがある。嫌なことがあってもPLの教えが頭の中に出てきて、こうすればいいのか、と思うことがある。これは死ぬまで消えないだろうね。そういう意味では、今のPL学園の状況は悲しいよね。

片岡:もう、残念極まりないの一言やね。

橋本:他校の野球部OBから「絶対に潰したらアカン」といわれるくらいやから、俺らはもっと深刻に受け止めているよな。ただ、現状がどうなっているのか分からなくて、どうしていいのか分からないというのが本音。

大西:本当にどうしたらいいんでしょうね。

橋本:立て直しの方向が出たなら、どんなことでも協力したいけど、いまは遠くから応援するしかない。

片岡:今年の新入部員がいない事実は厳しく受け止めないといけない。この夏が最後のチャンスになるとすれば、何とか甲子園に出てほしいし、出してやりたいね。OB全員が「PLよ、もう一度」という気持ちを持っているのは間違いないよ。

※週刊ポスト2015年5月8・15日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
郷土愛溢れる日本独特の野球文化を全都道府県別に分析した本
オリックス球団社長を11年務めた男が球界の舞台裏著した本
王貞治インタビュー他プロ野球逸話を満載した二宮清純氏の本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP