体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

入居希望者を断るってホント? 下町にある“噂の賃貸”を訪問

入居希望者を断るってホント? 下町にある“噂の賃貸”を訪問(写真撮影:菊池俊隆)

同じ地域に住む人同士のつながりが希薄になったといわれる現代。特に都市部では、親密なご近所づきあいが失われつつあります。そんななか、古き良き時代の地域交流を取り戻そうと試みるコミュニティ賃貸住宅が、東京の下町に誕生しました。大家さんの想いが入居者コミュニティを生む原動力に

東武伊勢崎・大師線の大師前駅から徒歩8分、閑静な住宅街の一角にある「PARCO CASA」。今年2月、地元で長く愛されてきた銭湯「たちばな湯」の跡地に誕生した、6棟11室の賃貸住宅です。”コミュニティ賃貸住宅”をコンセプトに掲げ、各棟に暮らす住民同士の交流、さらには地域とのつながりを大事にしているとのこと。

ただ、こちらの賃貸住宅、普通の賃貸にはないような特徴があるんです。それは、通常、賃貸に入居する際に実施する審査をクリアしたとしても、入居が断られることがあるということ。はたしてどんな物件なのでしょうか? 
去る4月の日曜、入居者同士の交流を兼ねたバーベキューが開催されるとのことで、現地に足を運んでみました。

あいにくの雨模様のなか、午前10時の開始直後から半数近くの入居者が参加されていました。こうしたイベントは今回が初めてとのことでしたが、すでにみなさん打ち解けたムード。コミュニティ賃貸の名の元に集まってきた人たちだけあって、積極的に交流しようという意識が見られます。

【画像1】物件の間取りが2階建ての2LDKということもあり、入居者の多くはファミリー。子どもたちの元気な声が響き渡ります(写真撮影:末吉 陽子)

【画像1】物件の間取りが2階建ての2LDKということもあり、入居者の多くはファミリー。子どもたちの元気な声が響き渡ります(写真撮影:末吉 陽子)

ちなみに今回のバーベキューの発起人は大家の田口昌宏さん、順功さん、宗孝さん。「たちばな湯」で生まれ育った三兄弟で、共同オーナーとして運営および住民同士の交流支援を行っています。
しかし、なぜ大家自らコミュニティづくりを仕掛けているのでしょうか? 長男の昌宏さんに伺いました。

「自分たちが祖父の代から続く銭湯で育ったこともあって、地域の人にすごく可愛がってもらいながら成長してきました。年を重ねてみて、その経験は何物にも代えがたい貴重なものだったと改めて感じます。その銭湯の跡地に賃貸住宅をつくろうと決めたときも、入居者の方々にも自分たちが育ってきた地域コミュニティの良さを知ってもらいたいという想いが強くて。『PARCO CASA』にはそんな理念に共感し、地域の一員としてコミュニティを支えてくれる人に住んでもらいたい、そんな願いが生まれました」(昌宏さん、以下同)

【画像2】長男の田口昌宏さん(中央)、二男の順功さん(左)、三男の宗孝さん(右)の兄弟。3人とも不動産とは全く関係のない仕事に従事しており、賃貸の知識はゼロだったそうですが、設計・施工会社であるミサワホームや管理会社のハウスメイトパートナーズ、仲介会社のハウスメイトショップの担当者の提案を融合させながらコミュニティ賃貸を実現させるにいたりました(写真撮影:末吉 陽子)

【画像2】長男の田口昌宏さん(中央)、二男の順功さん(左)、三男の宗孝さん(右)の兄弟。3人とも不動産とは全く関係のない仕事に従事しており、賃貸の知識はゼロだったそうですが、設計・施工会社であるミサワホームや管理会社のハウスメイトパートナーズ、仲介会社のハウスメイトショップの担当者の提案を融合させながらコミュニティ賃貸を実現させるにいたりました(写真撮影:末吉 陽子)

田口さんがここまで地域交流にこだわるのには理由があるようです。

「5年前、私自身が近所のつながりによって救われた経験があるんです。当時、銭湯がまだ営業していたころに倉庫で火災が起こったことがありました。私はすぐ近くに住んでいたのですが、朝4時くらいにご近所の方に知らせてもらって、気づくことができました。消防車が到着するまでの間も、近隣に住む方々が何かできないかと、消火栓を探してくれたり消火活動を助けてくれて。今でも本当に感謝しています。なぜそこまでしてくれたのかなと考えたとき、日ごろからしっかり交流をしていたからかなと思ったんです。コミュニティの大切さを強く実感した、忘れられない出来事ですね」

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。