ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マライア・キャリーが新曲「インフィニティ」を公開!さらに6月リリースのベスト盤の日本盤ボーナストラックに「恋人たちのクリスマス」収録決定!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マライア・キャリーが新曲「インフィニティ」を公開!さらに6月リリースのベスト盤の日本盤ボーナストラックに「恋人たちのクリスマス」収録決定!

超高音ホイッスル・ボイス復活!先日ソニー・ミュージックへの復帰が話題となったマライア・キャリーが新曲「インフィニティ」を4月27日、全世界に配信。同時にYouTube公式チャンネルにてリリックビデオも公開された。

 この度発表された新曲「インフィニティ」は、これまで築いてきたものを捨てて新たな未来へ向かって歩み出すというマライアの強い決意を壮大なオケとともに歌ったドラマティックなバラードに仕上がっており、マライア自身とメアリー・J・ブライジらの作品も手掛けるエリック・ハドソンが共同でプロデュースしている。後半にはファン垂涎のマライアならではの超高音域“ホイッスル・ボイス”も登場。ミュージック・ビデオも現在制作中で、近日公開される予定だ。

 日本で6月24日に発売されるオールタイム・ベスト盤『#1 インフィニティ』には「インフィニティ」のほか、日本盤ボーナス・トラックとしてマライアの楽曲の中でも人気の高い「恋人たちのクリスマス」が収録される。歌詞、そしてオールタイム・ベスト盤『#1 インフィニティ』のタイトルが示すように、マライアが「#1」の先の「インフィニティ(無限)」になるべく、遂に始動した。

 マライアは、4月27日18時(現地時間)にラスベガスのメイン・ストリートで新曲のリリースと、ラスベガス長期公演『#1』開幕を祝ったパレードを行う。パレードでは彼女の持つ18曲の全米No.1ヒットにあわせ、華やかに飾りつけられた18台の山車が登場し、その中にマライア自身も乗り込む予定だ。長期公演『#1』はシーザーズ・パレスで5月6日からスタートし、そのタイトル通り彼女の持つ18曲の全米No.1ヒットを中心に構成された豪華なショーは全米でも注目を集めている。

◎リリース情報
マライア・キャリー『#1 インフィニティ』
2015/6/24 RELEASE(US盤:2015/5/18 RELEASE)
SICP-4463 2,200円(tax out) 解説/歌詞・対訳付き
日本盤ボーナス・トラック「恋人たちのクリスマス」収録
*日本盤とUS盤の収録曲は1曲異なります。

TRACK LIST
1. ヴィジョン・オブ・ラヴ〈全米4週連続1位〉[1990]
2. ラヴ・テイクス・タイム〈全米3週連続1位〉[1990]
3. サムデイ〈全米2週連続1位〉[1991]
4. アイ・ドント・ウォナ・クライ〈全米2週連続1位〉[1991]
5. エモーションズ〈全米3週連続1位〉[1991]
6. アイル・ビー・ゼア feat.トレイ・ロレンツ 〈全米2週連続1位〉[1992]
7. ドリームラヴァー〈全米8週連続1位〉[1993]
8. ヒーロー〈全米4週連続1位〉[1993]
9. ファンタジー (Bad Boy Fantasy feat. O.D.B.) 〈全米8週連続1位〉[1995]
10. ワン・スウィート・デイ feat.ボーイズ?メン 〈全米16週連続1位〉 ★ビルボード史上最高記録[1995]
11. オールウェイズ・ビー・マイ・ベイビー〈全米2週連続1位〉[1996]
12. ハニー 〈全米3週連続1位〉[1997]
13. マイ・オール〈全米1週1位〉[1998]
14. ハートブレイカ― feat. JAY-Z 〈全米2週連続1位〉[1999]
15. ウィ・ビロング・トゥゲザー〈全米14週1位〉 ★ビルボード史上2位の記録[2005]
16. ドント・フォゲット・アバウト・アス〈全米2週連続1位〉[2005]
17. タッチ・マイ・ボディ〈全米2週連続1位〉[2008]
18. 恋人たちのクリスマス 《日本盤ボーナス・トラック》[1994]
19. インフィニティ 《新曲》[2015]

関連記事リンク(外部サイト)

ケイティ・ペリー4年ぶりの来日単独公演、ステージ上でファンと自撮りも
エイミー・ワインハウスのドキュ映画を遺族が批判、「誤解招く」
『MTV Unplugged』に長渕剛が出演、世界初の4K放送決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。