ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

がんばれ今宮健太(ソフトバンク)! 身長程度の低打率を挽回せよ!!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
がんばれ今宮健太(ソフトバンク)! 身長程度の低打率を挽回せよ!!

 昨季はパ・リーグのベストナインにも選出された福岡ソフトバンクホークスの今宮健太が、極度の打撃不振にあえいでいる。

 4月26日の試合を終えた時点で打率.167。24試合に出場し、ヒットは試合数の半分の12本。打点は4月19日のロッテ戦で益田直也から放ったソロと26日の西武戦での2ランの3打点のみ。好調な選手が多いソフトバンク打線を寸断しているのが現状だ。

 今宮といえば、大分・明豊高時代に投手&内野手&主軸打者として春夏合わせて甲子園に3度出場、2009年の夏はベスト8まで勝ち上がっている(現在は西武に在籍する菊池雄星擁する花巻東高に敗退)。マウンドに上がれば最速154キロを記録し、打席に立てば高校通算62本塁打。そのうえ50メートルは6秒1の俊足。171センチという体格ながら、身体能力の高さと野球センスは、世代随一といってもいい選手だった。

 プロ入り後は内野手に専念し、守備ではそのポテンシャルを大いに発揮。2013年、2014年と連続でゴールデングラブ賞を獲得。守備範囲の広さと強肩で、アクロバティックな好守を日々披露している。

 しかし、打撃では持てる素質が開花しているとは言い難い。1軍に定着した直近3年の打率は、2012年が.238、2013年が.253、2014年が.240。そして前述したように、今季は1割台前半。

 昨年までの秋山幸二政権時代は、2年連続62犠打というバントのうまさもあり、2番遊撃手のポジションはほぼ約束されていた状況だったが、数字が上がってこない今季はベンチスタートも経験している。

 もちろん本人も危機感を覚えているようで、1号本塁打を放った翌20日も休日を返上し、グラウンドで汗を流す。23日の全体練習後にも居残りで特打に励んだ。気分転換もあったのだろうが、左打席に立って打撃練習をするなど、試行錯誤を重ねている。

 チーム内には明石健志や川島慶三といった実力者だけでなく、髙田知季や牧原大成といった新戦力も台頭してきており、今宮もうかうかしていられない。守備力への評価は揺るぎないだけに、この苦境を乗り越えて打力をもうワンランク上げられれば、不動の遊撃手になれるはず。守備だけでなく今宮のバットにも注目だ。

 スマホマガジン『週刊野球太郎』では、黒田や松坂らメジャー出戻り選手を応援! 「メジャー出戻り選手を合否判定」、「タイツ先生のメジャー出戻り選手フォーム徹底解剖」、「メジャー出戻り選手たちが残した伝説」を連載中!

 『高校野球&ドラフト候補選手名鑑』では、センバツ優勝の敦賀気比、準優勝の東海大四へ独占野球部訪問を敢行!5月上旬に公開します。

※リンクが表示されない場合は、http://yakyutaro.jp/をコピーしてアクセスしてください。
※『週刊野球太郎』と『高校野球&ドラフト候補選手名鑑』は、auスマートパス、Softbank、ドコモSPモードに対応しています。

■関連リンク
3085安打、504本塁打を放った張本勲にセーフティーバントの決め方を訊くのは「喝!」か、「あっぱれ!」か。
3085安打、504本塁打を放った張本勲にセーフティーバントの決め方を訊くのは「喝!」か、「あっぱれ!」か。
まさに泥沼! 大型補強はどうしたオリックス!?

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。