体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お店のミスで表示価格が間違っていても、差額を払わなければならない?

政治・経済・社会
お店のミスで表示価格が間違っていても、差額を払わなければならない?

Q.

 先日ペットショップにて猫を見に行き、買う手続をしました。
 その猫は前日にペットショップにやってきたばかりで環境に慣れておらず、体調面でもう少し様子を見たいとのことで何日かペットショップで過ごしてから引き渡しになるとのでした。
 その場では生体価格、保険、ローンなどの金銭面の説明を受け、頭金の支払い、連絡先を書くなどしましたが、ローンを組むのは後日猫を引き渡す時でいいとのことでその日はそれで帰りました。
 ところがその後、ペットショップから電話があり、お店側のミスで生体価格の表示が違っており、頭金の額も変わってくるので差額を払ってほしいと言われました。
 生体価格の差額は約6万、保険などの値段も変わるので全て合わせると8万近い差額がありました。
 私は当初の価格で契約したつもりだったので、店のミスの差額は払いたくないのですが、お店側も値下げ等はできないので払ってほしいと話は平行線です。この場合、私は差額を払わなければいけないのでしょうか?
 頭金は支払済ですがローンはまだ組んではいません。領収書、およその見積書も貰いましたが何の領収書なのかと名前の記載なし、見積書も正式なものではないため、期限なども書いてありません。
 その猫が気に入っているため、買わないという選択肢は今の所ありません。
 ご回答よろしくお願いします。

(20代:女性)

A.

 まず、あなたとお店の間で、この猫についての売買契約が成立しているかどうかを検討してみましょう。というのも、契約が成立していれば、原則として、成立した内容に従って契約が履行されなければならないからです。

 あなたが帰宅するまでに、あなたとお店との間では、生体価格、保険、ローンなどの金銭面の説明を受けたこと、この説明を受けて頭金を支払ったこと、連絡先を教えたこと、領収書を受け取ったこと、およその見積書を受け取ったことがなされています。
 売買契約は、目的物を特定して売買代金を定め、それに売主と買主とが合意することによって成立します(民法555条)。ですから厳密にいえば、お店がその猫について生体価格を告げ、あなたがその猫をその価格で買うことを了承したことによって成立しています。ただ、これでは「売ります」「買います」だけで、契約が成立したかどうかについて後日争いとなることもあり得ます。この点、あなたの場合には、「頭金」が支払われており、その領主書もあります。「頭金」は、売買代金を分割で支払う場合に、その一部に充当するものです。頭金の支払は、分割金の一部支払いですから、既に契約が成立していることが前提となります。

 あなたが受け取った領収書には、何の領収書なのか名前の記載がないとうことですが、その金額などから考えて、また見積書と併せて考えると、この猫の代金の頭金であることは比較的容易に分かるのではないかと思います。とすれば、当初の生体価格をもって、契約が成立していることも明らかになります。
 次に、生体価格の表示ミスについて、どのように考えるかが問題となります。お店側は、生体価格に思い違いがあった、つまり錯誤があったことを理由に、「この猫をこの(誤った)生体価格で売ります」という意思表示を無効として(民法95条)、正しい生体価格での新たな売買契約の締結を望んでいます。

1 2次のページ
法、納得!どっとこむの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会