体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スペインのある街では、政府と市民がTwitterでやり取りしてるらしい…

150427_spain-sns-politic-civiclife

政治や行政への参加方法として、インターネットを利用するケースはここ数年で急速に一般的になってきています。例えば、日本でもニコニコ動画で政治家の話を聞いて、リアルタイムで意見交換するような場面も当たり前になりました。

しかし、具体的なアクションにつながるのか? と聞かれるとまだまだという感も否めません。

ブログメディア「Medium」に投稿されたMIT Media LaboのDeb Roy氏と、William Powers氏によるレポートでは、スペイン・アンダルシア州にある小さな町、フーンの町長が実践した新しい取り組みが紹介されています。

なんと、住民から政府へ、Twitterで具体的な「依頼」を行えるシステムをつくってしまったのだとか。

町民のみなさん、
Twitterに登録を!

Royal Palace of Madrid

Photo by Hernán Piñera

José Antonio Rodríguez Salas町長は、テクノロジーの力で多くの問題を解決できると信じている人物。2011年に町民3,500人に対してTwitterのアカウントを取るようお願いし、町の問題解決に使っていくことにしました。

では、実際にどんなふうに使われているのか?こんな事例があるようです。

1.壊れた街灯を見つけた人が、町長にツイート。

2.10分後に町長から「翌日直します」との返信が。投稿には業者のアカウント名までが入っていました。

3.投稿を確認した業者は、Tweetを基に修理に対応。対応後には街灯の写真を撮り、業務完了を表すハッシュタグ「#JunGetsMoving」をつけて、その画像を投稿しました。

このシステムを取り入れる前までは、電話のやりとりだけで1日かかってしまうなんてこともあったようですが、時間だけではなくコスト面でも大きく改善されました。
さらに、過去には、町長が議会にネットを通じて参加したこともあるのだとか。

「まるで地域の新聞みたいだよ」
(町民談)

 

Sony Xperia V

Photo by Vernon Chan

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。