体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Why so serious?HAHAHA!ジャレッド・レト版ジョーカーもトラウマレベルにスゴすぎる

エンタメ
Why so serious?HAHAHA!ジャレッド・レト版ジョーカーもトラウマレベルにスゴすぎる

DCコミックの悪役が大集合した映画として話題を呼んでいる『スーサイド・スクワッド/Suicide Squad』。中でも一番の話題はアカデミー俳優ジャレッド・レト扮するジョーカーだが、監督のデヴィッド・エアーが週末に公開したジョーカーのビジュアル写真が話題を呼んでいる。

これまでジョーカーといえば、なんといっても『ダークナイト』(08)での鬼気迫る怪演で伝説となった故ヒース・レジャー版だろう。

果たして今回、ヒースのジョーカーを超えることができるのか、世界中の映画ファンから不安と期待をもって見守られているジャレッド・レトだが、「むしろヒースに対抗できるのは、今の世の中ジャレッドしかいない」という声も。

そんな中の最新ビジュアルが公開された。緑色の頭に両手を当て、銀歯だらけの歯をむき出しにして大きな口をあけ目を見開いた狂喜に満ちた表情に、いやでもまず目が行く。額には「Damaged」、左胸、左腕には他人をあざ笑うかのような「HA HA HA HA HA」のタトゥ、そして右胸には髑髏のタトゥ…他にも体中のいたる所にタトゥが彫られている様子だが、とにかくすべてが奇っ怪。これまでのジョーカーのイメージとまったく異なるがとにかくインパクトは絶大で、ネット上には「怖えええ!」「最高だなw」「スゴイよこれ!よく考えついたな」「カッコよすぎ」と絶賛の声が寄せられている。

ちなみにビジュアルが公開された4月25日は、ジョーカー誕生75周年という記念日だったそう。『スーサイド・スクワッド/Suicide Squad』は2016年8月5日全米公開予定となっている。

https://youtu.be/EXeTwQWrcwY

1 2次のページ
AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会