ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

長距離フライトを美容タイムに! あると便利な機内持ち込みアイテム

DATE:
  • ガジェット通信を≫


飛行機で海外へ旅行する人も多いこの時期、機内でのスキンケアってどうしていますか? フライト中の機内はとても乾燥していて、お肌がカサカサになってしまいがちです。
フライト中はお肌も気になるけれど、機内持ち込み手荷物はできるだけ少なくしておきたいもの。
今回は実際に私が体験した、長距離フライト時にあると便利な美容ケアグッズをご紹介します。

除菌用ハンドジェルとメイク落としシート

機内に設置されているトイレ内の洗面所の水は、手を洗うのに必要な程度には綺麗で消毒はされているそうですが、敏感な肌に直接触れるのは避けたほうが無難です。
そこでおすすめなのが、水なしで除菌、殺菌ができるハンドジェル。自分の席に座ったまましっかりと除菌ができるので、わざわざ手を洗いに席を立つ必要がありません。
さらにメイク落としシートで顔の汚れをふき取ってリフレッシュ!

ニベアやオイルなどの保湿もの

顔の汚れをふき取ったあとはしっかり保湿ケアを! ニベアやオイルなど顔だけでなく、ボディ兼用のものが断然便利
フライト中の機内はとにかく乾燥しています。到着後、お肌がカピカピになるのを避けるためにも保湿ケアはしっかり意識しましょう。
機内持ち込みサイズ用(液体は100ml以下)のミニサイズを用意してください。

フェイスシートマスク1枚

長時間フライトの場合、おすすめなのが機内でのシートマスク。メイク落としシートで顔の汚れを落としたあと、保湿ケアをする前にシートマスクのお手入れを加えてみてください。
機内の明かりが消えた、就寝時にこっそりやるのがポイント。
フライト中の機内でのメイクに関してはこちらの記事もチェックしてみてくださいね。
窓際の席の場合、日中日差しが強いと日焼けするので、気になる人は日焼け止めも忍ばせておくといいかも!
tropical image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
忙しくてもこれならできそう。ファンデのスポンジを清潔に保つ方法
同じ行動なのに「キレイになる人」と「ならない人」の違いとは?
ギャップにドキッ♡ うしろ姿をキュートに仕上げるヘアアレンジ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP