ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

次世代エンターテイメントはお寺の修行!? 泊まり込みの修行体験「テンプルステイ」が話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「お寺の修行」というと、どんなイメージを思い浮かべるだろう?朝早く起き、広大なお寺の掃除をし、1日中お経を読む・・・そんな厳しい印象があるのではないだろうか。

しかし、そんなお寺での修行がエンターテイメントとして注目を集めている。その名も「テンプルステイ」!
ホームステイのようにお寺に寝泊まりし、本物のお坊さんと一緒に修行を体験できるのだ。
なぜ今、お寺の修行が人気なのだろう?

仏教がビジネスに効く!?海外で注目される日本の伝統思想

実はこのテンプルステイ、日本だけでなく、海外からも大きな期待を寄せられている。

スティーブ・ジョブズが禅に傾倒していたことは有名な話。アップルを成功に導き、「シンプル・イズ・ベスト」を形にしたような素晴らしいプロダクトを次々と生み出した背景には、日本の仏教思想があると言われている。一時は本気で出家まで検討していたほどだという。

さらにGoogleでも、仏道修行の一環として行われる瞑想を元にした「マインドフルネス」というエクササイズが取り入れられている。ストレスを減らして人間関係を円滑にすることが、生産性の向上に繋がるのだ。
医療分野でもうつ病や不安症の治療としても研究がはじまっている。日本の伝統思想の評価は、世界的にも急激な高まりを見せているのである。

見るだけじゃ物足りない!修行を体験して日本の精神を身につける

こうした背景もあり、神社仏閣は外国人観光客の大人気スポットとなっている。しかし、古い木造のお寺や枯山水のミニマルな石庭を愛でることはできても、実際に仏教の教えを体験することは難しい。

ところが、このテンプルステイでは、ホテルに宿泊する代わりにお寺に宿泊、本当のお坊さんと日常生活を共にすることができる。現役の住職に同席し、お遍路巡りや精進料理、護摩焚きを体験する。都会での生活から抜け出し、静かに心を落ち着かせることで、心の傷を癒し、悩みを解消することができるだろう。

お寺での修行は、実際のお坊さんが仏道を学ぶために行われているもの。これほど日本伝統思想を深く理解することは、他ではできない。見るだけではわからない、思想をまさに「体感」することができるのは、このテンプルステイだけなのだ。

1200年続くお寺の本場「四国」の伝統を守るために

このテンプルステイができる四国は、平安時代以来1200年もの長きにわたり、修行の地としての文化を育んできた。八十八箇所を巡るいわゆる「お遍路」は特に有名だが、「弘法も筆の誤り」ということわざにもなっている弘法大師空海もこの四国で修行を行ったと言われている。
このテンプルステイが広がれば、長久の歴史を持つ四国の地域振興にも役立ち、歴史と伝統を守ることにも繋がっていく。

インターネットとスマートフォンの発達によって、私たちは情報に溢れた暮らしを強いられている。そうした日常から一旦距離を取って、自然溢れる四国で静かに過ごしてみるのもいいのではないだろうか。

現在、このテンプルステイを広げるため、慶応義塾大学4年生の鈴木子音さんを中心に立ち上げられた「テンプルステイやったろうぜ委員会」が、READYFOR?でプロモーション動画作成のためのクラウドファンディングを行っている。
支援者には実際にテンプルステイを行える引換券がもらえる他、企業向けに研修で使えるコースも用意されている。現地には行けないが応援したい人には、ステッカーや仏閣写真集データ、四国名産阿波和三盆がもらえるコースも。

日本の伝統をまさに体で学ぶこのテンプルステイ、ぜひとも体験して欲しい。

関連記事リンク(外部サイト)

死者の肉や、排泄物を食べる・・・ヒンドゥー教の異端「アゴーリ」の僧侶たち
【今すぐ実践!】人生を最高に楽しむための「9のルール」
20カ国語を操る17歳の天才少年が語った、「言語を学ぶ」本質が深い・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP