ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プレスリーのソングライター(96)、老衰のため死去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 エルヴィス・プレスリーのソングライターとして知られるシド・テッパーが4月24日、老衰のため亡くなった。96歳だった。

 米ビルボードがテッパーの広報担当に確認したところによると、フロリダのマイアミビーチにあるウィリアムズ島の自宅にて、家族に看取られながら亡くなったそうだ。

 生前、プレスリーに45曲を書いたテッパーだが、他にもフランク・シナトラ、ジェフ・ベック、ザ・ビートルズ、ペリー・コモ、アンディ・ウィリアムス、レイ・チャールズ、ルイ・アームストロング、ウェイン・ニュートン、ロバート・グーレ、ナンシー・ウィルソン、アーサ・キットなど、数多くのアーティストに楽曲を提供した。

 なかでも有名な曲は、プレスリーとアン=マーグレットによる「The Lady Loves Me」をはじめ、「The Naughty Lady of Shady Lane」、「Kiss of Fire」、「G.I. Blues」、「Red Roses For A Blue Lady」、「Don’t Come Running Back To Me」などだ。

 また、第二次世界大戦中には軍隊のために演奏するエンターテイメント部門“Special Services”に所属し、1947年に作曲家作家出版者協会に参加。ジョージア・ギブスの「Kiss of Fire」ではBMI賞を受賞したほか、エディー・アーノルド版の「Red Roses For A Blue Lady」ではカントリーミュージック協会賞を受賞。2002年にはプレスリーとの仕事を称えられメンフィスで表彰されている。

 1918年6月25日生まれのシド・テッパーは、10年前に妻のリリアンを亡くしていた。5人の子供たちと7人の孫、3人のひ孫を遺し旅立った。

関連記事リンク(外部サイト)

【オズフェス2015】第二弾出演者発表、オジー・オズボーン・アンド・フレンズ&エヴァネッセンス
ポール in ジャパン!な一週間と新たなスターたち、締めくくるのはカート・コバーン?:今週の洋楽まとめニュース
ビーバーはファンにコントロールされてる?スクリレックスとはよく喧嘩する?元カノM.I.A.に嫉妬? 最新インタビューでディプロはかく語りき

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP