ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Mayday、初の武道館公演を記念してニューシングルリリース決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日、台湾のバンドとして初の日本武道館2Days公演を発表するなど、日本での活動が活発化してきた5人組バンド・Mayday。彼らが日本武道館2Days公演の前の6月17日に、約1年ぶりのシングルをリリースすることが決定した。

今シングルは、台湾本国でも新しい楽曲である「將軍令」と「九號球」を、いしわたり淳治氏が日本語詞を書き下ろした「YOUR LEGEND ~燃ゆる命~(將軍令 日本語ver.)」「追憶のナインボール(九號球 日本語ver.)」とそれぞれのオリジナルver.に加え、ベスト盤にも未収録だった人気曲「盛夏光年」「星空」の全6曲が収録される。スケール感あふれる抜群なバンドサウンドと、力強いボーカルが存在感を示すロック・チューン「YOUR LEGEND ~燃ゆる命~」。ギターのMONSTERが初の日本語歌唱にトライし、ASHINと共にツインヴォーカルで切なさを彩る「追憶のナインボール」は、表題曲とは打って変わったしっとりとした表情を見せつつも、力強いギターのリフが支える印象的なバラードとなる。これらの収録楽曲は、Maydayの存在感を様々な表情で楽しむことができる、贅沢な仕上がりとなっている。

また初回盤には、これまで数々の会場でライブを開催し、ソールドアウトしてきた彼らのライブの魅力を伝えるべく、メンバー自身がセレクトしたライブ映像を収録したDVDが付く。もはや伝説となりつつある、2日間で20万人を動員した、“鳥の巣”(北京スタジアム)でのライブ映像をはじめ、まさしく“スタジアムロック”と呼ばれる彼らの根源や魅力が堪能できる作品となっており、数々のワールドクラスのステージングが体感できる、ファンならずとも必見の映像ばかりが収録されている。

8月に日本武道館での公演を予定しているMayday。今回発表された日本語歌唱される最新楽曲も、日本武道館で間違いなく初披露されることだろう。CD+DVDをゲットして夏の武道館ライブの前には必ず予習しておきたい。そして武道館ライブでは、国境や言語の壁を越えたMaydayの音で一つになる奇跡の瞬間をぜひ体験してほしい!

シングル「YOUR LEGEND ~燃ゆる命~」
2015年6月17日(水)発売
【初回盤】(CD+DVD)
AZZS-36/¥1,800+税
【通常盤】(CDのみ)
AZCS-2043/¥1,300+税
<収録内容>
M1.YOUR LEGEND ~燃ゆる命~(將軍令 日本語ver.)
M2.追憶のナインボール(九號球 日本語ver.)※MONSTER(怪獸)& ASHIN(阿信)Double Vocal
M3.青春の彼方/盛夏光年
M4.星空
M5.將軍令(オリジナルver.)
M6.九號球(オリジナルver.)
<初回盤DVD>
1. モーター・ロック/軋車+Opening Live_2009 高雄世運主場館+台北小巨蛋/高雄スタジアム+台北アリーナ
2. 悲しみはバラードじゃ癒せない/傷心的人別聽慢歌 Live_2013 香港紅磡體育館/香港コロシアム
3. 愛の記憶は突然に/突然好想你 Live_2012 高雄世運主場館/高雄スタジアム
4. やさしすぎて/溫柔 Live_2012 高雄世運主場館/高雄スタジアム
5. 僕は僕に嘘をつかない/倔強 Live_2012 北京鳥巢/北京スタジアム(鳥の巣)
6. 瞬間少年ジャンプ/離開地球表面+ノアの方舟/諾亞方舟 Live_2012
…Live_2015 東京 日本武道館

《CDショップ外付け特典》
■amazon
オリジナルジャケットステッカー(10cm×10cm)
■一般CDショップ
オリジナルポストカード
※特典デザインは決定次第ご案内させて頂きます。
※DVD付初回限定盤/通常盤共に対象となります。
※特典数量に限りがありますので、無くなり次第終了となります。
※一部のオンラインサイトやCDショップで特典が付かない場合があります。
事前にご予約されるオンラインサイト/CDショップにてご確認下さい。

『Mayday 「Just Rock It 2015 TOKYO」at 日本武道館』
『~DO YOU EVER SHINE~』
8月28日(金)日本武道館
OPEN/START:18:00/19:00
『~抱きしめて~』
8月29日(土)日本武道館
OPEN/START:16:00/17:00

<前売チケット料金>
全指定席 ¥8,500(税込) ※3歳以上チケット必要
<一般発売日>
7月19日(日)

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
Mayday オフィシャルHP
Mayday、バンド結成記念日に初の武道館公演開催を発表

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP