ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

駅弁 新商品続々登場もロングセラー弁当の人気が根強い理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年のゴールデンウィークは日並びがよく、各地で大勢の人出が見込まれそうだが、行楽スポットへの旅行の楽しみのひとつが、旅路を彩る「駅弁」だ。

 そもそも駅弁の歴史は、明治18年に宇都宮駅で売られた、竹皮に包んだおにぎりが始まりといわれる。130年の時を経て進化を遂げ多様化した駅弁はいまや「3500種類以上」と語るのは、4000個もの駅弁を食破した「駅弁女王」の小林しのぶ氏。

「以前は幕の内といえば揚げ物が定番でしたが、最近は健康志向の方でも安心な低カロリーのものが増えました。また、女子大生や小学生らとのコラボ商品、静岡の富士宮やきそばなどご当地B級グルメを主役にした商品も増えましたね」

 工夫を凝らした新商品が続々と発売される一方、広島・宮島口駅の『あなごめし』や福岡・折尾駅の『かしわめし』のようなロングセラー弁当の人気も根強いという。

「昔ながらの駅弁らしさが残っていて郷愁を感じるからでしょう。駅弁の枠を越えて地元の人に愛される存在になっています」(小林氏)

 多くの駅弁は電話やインターネットで1個からでも予約ができ、なかにはホームまで届けてくれる製造元もある。折尾駅や熊本・人吉駅、岐阜・美濃太田駅などでは「立ち売りさん」にも出会える。

 これから迎える行楽シーズン、地産の食材が詰まった駅弁と共に旅を満喫してはいかがだろう。

※週刊ポスト2015年5月8・15日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
1個1万円 金沢駅の超豪華駅弁『加賀野立弁当』(要予約)
駅弁に詳しいヨネスケ おすすめは地元・千葉県の「漁り弁当」
駅弁通の東進ハイスクール日本史講師が絶賛「廣島上等弁当」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP