ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

棚作りも楽勝! 15分で完成する「マイ柱」の作り方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

壁に時計や飾り棚をつけて部屋の模様替えをしたいけど、賃貸物件だから釘を打つのに抵抗がある……。そんなお悩みも「マイ柱」があれば万事解決。レイアウトの幅が広がる「マイ柱」の作り方をご紹介しよう。無かったところに柱を立てる、それが「マイ柱」

無かったところに柱を立てる、それが「マイ柱」

そもそも「マイ柱」とは、釘やネジをとめられるように壁などに柱を取り付けたもの。その作り方はさまざまだが、今回はホームセンターで売っているツーバイ材と「ディアウォール」という専用アイテムを組み合わせて作る簡単な方法をお伝えする。

「ディアウォール」の派生商品には専用の「棚受け」もあり、こちらの商品を使って棚を作る方法も合わせてご紹介するので参考にして欲しい。材料

ツーバイ材×2
棚用木材×1
ディアウォール(上下セット)×2
ディアウォール専用「棚受け」(2個セット)×2作り方

STEP1:木材をカットする

02

ツーバイ材は、住宅などのツーバイフォー(2×4)建築において使用される木材のこと。規格品なので大体どこのホームセンターでも手に入る。サイズは38×89×3050mm。価格は1本300円前後だ。

これをあらかじめ「マイ柱」を取り付けたい場所の天井の高さから45mm短くカットする。カットはホームセンターで頼んでもいいし、ノコギリがあれば自分でカットしてもいいだろう。

棚用の木材は用途に合わせてお好みでOK。ただし、長すぎたり、重量が重すぎたりすると、「棚受け」だけでは支えきれない可能性があるので注意しよう。

STEP2:ディアウォール&棚受けをセットする

03

ディアウォールが1セットあれば「マイ柱」を1本立てることができる。今回は棚も設置するため、2セット+専用の「棚受け」を用意した。

04

ディアウォールはツーバイ材の上下にはめこんで使用するもの。上パッドにはスプリングが内蔵されていて、この伸縮で“突っ張り”を作ることによって、柱を固定する。

05

棚も作る場合は、ディアウォールを設置する前に「マイ柱」となるツーバイ材にあらかじめ「棚受け」をセットしよう。この「棚受け」の上に、棚となる木材が乗るような形になる。

06

ツーバイ材にディアウォールをセットしたら、「マイ柱」を立てたい場所に少しずつずらしながら設置していく。設置したら軽く揺さぶりをかけて、ぐらつきがないかチェックしよう。

07

2本の柱が立ったら、棚となるツーバイ材を「棚受け」の上に乗せて、付属のネジでしっかりと固定しよう。

08

上から見るとこのような形になる。筆者は棚の幅が欲しかったため、ツーバイ材の幅から多少はみ出すくらいの横幅を持った木材をチョイスした。

09

これで「マイ柱」&棚の完成! ここに何を置こう……考えるだけでもワクワクする!

今回のDIYでかかった費用は全部で3,000円ほど。木材はあらかじめホームセンターでカットしていたので、実質の作業時間は15分ほどだった。「マイ柱」だけでなく、驚異的なお手軽さでアッという間に棚まで出来上がるので、これからお部屋の模様替えを検討中の人はぜひ試してみて欲しい。

(根岸達朗+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。