体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コブクロ史上過去最大規模【KOBUKURO LIVE TOUR 2015 “奇跡”】がスタート

エンタメ
コブクロ史上過去最大規模【KOBUKURO LIVE TOUR 2015 “奇跡”】がスタート

 コブクロ過去最大となる全国ツアー【KOBUKURO LIVE TOUR 2015 “奇跡”】が、4月25日真駒内アイスアリーナを皮切りにスタートした。

コブクロ その他のライブ写真一覧

 2014年に引き続きセンターステージが設置され、ファンとの距離感がとにかく近く、ステージ上の花道をメンバー2人が駆け巡る。3月にリリースしたドラマ主題歌であり、今回のツアータイトルにもなっている「奇跡」を披露すると、小渕が「僕たちとお客さん皆でコブクロのライブで奇跡を起こしたい!」と告げ、会場が一体感に包まれた。

 いわずとしれたコブクロの代表曲「轍」では、ダイナミックかつエネルギッシュなパフォーマンスでファンを圧倒。メンバー紹介部分では、お得意のギャグからモノマネまでの一連のコブクロ節で、会場が爆笑の渦に包まれた。

 土屋太鳳・松井愛莉・広瀬すず出演のCMソングでもある新曲「hana」のパフォーマンスでは真っ赤なライティングに照らされる幻想的な世界の中でしっとりと歌い上げる2人の姿に会場中が感動の渦に。本ツアー限定で、会場ではCD「hana」付きマフラータオルが販売されており、会場内のほぼ全員が真っ赤なマフラータオル持っている姿が印象的。タオルを持っていないお客さんに、黒田が自分のタオルをプレゼントすると、「ここでCDを開けるな(笑)」とお客さんにツッコミ。2人でじゃれ合ういつものコブクロに、会場全体が笑顔になった。

 2日間の札幌ライブを終え小渕は「札幌の皆さんがあったかい気持ちで待っていてくれたのを感じました。ライブ初日を迎えるにあたり、もっとあれもやりたい、これもやりたい、こうしたらどうだろうとメンバー・スタッフみんなで試行錯誤した結果を、皆さんの声援や笑顔や拍手に感じることができて、その全てが今回のライブに様々な奇跡を起こしてくれました。皆さんのおかげで自信をもって今回のツアーを回れます!!」と力強く語り、2日間の札幌公演の幕を閉じた。

 「奇跡」「hana」を引っさげ、幕を開けたコブクロ史上過去最大規模の全国ツアーは、8月26日・27日の名古屋公演まで全10都市24公演を一気に駆け巡る。

◎公演概要【KOBUKURO LIVE TOUR 2015“奇跡” supported by Ghana】
4月25日(土) 北海道 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
4月26(日) 北海道 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
5月2日(土) 宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ
5月3日(日) 宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ
5月12日(火) 神奈川 横浜アリーナ
5月13日(水) 神奈川 横浜アリーナ
5月30日(土) 愛知 日本ガイシホール
5月31日(日) 愛知 日本ガイシホール
6月6日(土) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ
6月7日(日) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ
6月13日(土) 福岡 マリンメッセ福岡
6月14日(日) 福岡 マリンメッセ福岡
6月27日(土) 徳島 アスティとくしま
6月28日(日) 徳島 アスティとくしま
7月4日(土) 広島 広島グリーンアリーナ
7月5日(日) 広島 広島グリーンアリーナ
7月11日(土) 新潟 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
7月12日(日) 新潟 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
7月18日(土) 大阪 京セラドーム大阪
7月19日(日) 大阪 京セラドーム大阪
8月19日(水) 大阪 大阪城ホール
8月20日(木) 大阪 大阪城ホール
8月26日(水) 愛知 日本ガイシホール
8月27日(木) 愛知 日本ガイシホール

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会