体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2020年東京オリンピックは、好きなアングルで観戦できる!? KDDI研究所が開発する「3D自由視点」がインパクト大!

デジタル・IT

「カラーで放送された東京オリンピック開会式の中継は、よく覚えているよ」――年配の方から、そんな話を聞いたことがある読者も多いと思う。東京オリンピックが開催された1964年当時、カラーテレビの世帯普及率は1%未満。にもかかわらず、開会式の中継を思い出す人が多いのは、街頭テレビなどで体感したカラー映像の印象が、記憶されているからではないだろうか。

そして2020年。次の東京オリンピックでは、視聴者が見たいと思うアングルを自由に選べるようになるかもしれないのだ。

「次期東京オリンピックまでに、一般の方々が『3D自由視点』を利用できるようにするのが、現在の目標です。オリンピック会場で生観戦できる人の数は限られていますよね。でも3D自由視点を利用すれば、客席はもちろん、選手と同じ視点で中継映像を見ることができるんです。多くの人に臨場感ある東京オリンピックの映像をお届けしたいと考え、この目標を掲げています」

そう話すのは、KDDI研究所の内藤整さん。内藤さんが研究開発を進める「3D自由視点」は、複数台のカメラで撮影した映像を合成することで、視聴者が自由に視点を操作できる技術。動画にあるサッカー中継の場合、メインスタンド、バックスタンド、2つのゴール裏に設置された合計4台のカメラによって撮影されている。その後、合成処理をした映像では、上空からの視点、ピッチ際の監督と同じ視点、そして選手に寄り添った視点など、さまざまな視点を選ぶことができるようになっているのだ。

協力:Jリーグメディアプロモーション

「サッカーのような誰もが知るスポーツだけでなく、マイナーなスポーツの奥深さを知るのにも役立てるのではないかと考えています。すでに実際のスポーツ中継で、解説者が3D自由視点を使いながらコメントする、といった事例もあるんですよ」(内藤さん)

3D自由視点は、スポーツだけでなくエンターテインメントでも活用されている。こちらは、2012年にメジャーデビューしたバンド「Applicat Spectra(アプリキャットスペクトラ)」のプロモーションビデオを自由視点化したもの。サッカー中継の場合よりも多くの操作が可能で、1人のメンバーだけを登場させたり、背景をCGの壁紙やライブハウスの画像に設定したりすることができるのだ。この3D自由視点を駆使したプロモーションビデオのアプリも配信され、リリースから3カ月で3万ダウンロードを超えた。

「人数の多いアイドルグループで同じことをしても面白いと思いますが、ちょっと操作が大変かもしれません(笑)。ここまでご紹介したのは、複数のカメラで1つの対象を撮影したものですが、逆に観光地などを1つの視点からパノラマ的に見ることのできる自由視点の研究開発も行っています」

そこで画面に映し出されたのは、京都にあるお寺の中の映像。

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会